Model – 246H × Super 140′s tropical.

model -246 14F/Wシーズンまで存在していたこちらのモデルが 15S/Sシーズンから“246H”としてアップデートされたことは、 実はとても大きなトピックです。   有り難いことに現在多くのお取引先様よりリクエストをいただき、今や世界中でRING JACKET プロダクトが展開されるまでに至っています。 そこで、RING JACKET店舗だけでしかご案内できない、RING JACKETの物作りを追求したプロダクトをご案内すべきという考えの基アップデートが施され”マイスターモデル”としてアップデートされたモデルが、 model -246H  です。   先日アップした 235H と大きく異なるスタイルを持つ246Hですが、   シンプルに言うと、”モダン”、”インターナショナル” と形容されます。     “モダン”、”インターナショナル”とはなんぞや、   そこには、ちょいちょい触れている歴史的な背景があります。 産業革命を経て、工業化が進み、その文化、技術が輸出され世界的に広まり認知されたものが”インターナショナル”と言えるかと思います。ミシンさえも無かった物作りの時代から、機械化されることで品質が安定した物が世界中で着用されたが故に認知されたプロダクトです。 ”モダン” 多くのブランドによる提案は時代を反映させそれを服飾で表現し、着用することで個人はそのアイデンティティを表現してきました。(勿論現代においても)クラシックなメンズクロージングおいてもそれは変わらず、ラペルの幅や、着丈、といった微妙なディティールバランスに想いと時代性が表れているといえます。   RING JACKET を代表するモデルと問われると”マイスターモデル”をイメージされる方も多いと思います。同じ”マイスターモデル” = 235H, 253Hのナポリテイストに溢れるモデルですね。しかしこちらは”モダン”、”インターナショナル”とは表現されません。それな何故か、、。ここで書きたいのが本望ですが、長くなるのでまた次回に。     細いラペル幅、高い位置に設定されたウエスト、肩周りから、毛まわしにかける全体的に細く、短めの着丈の型紙パターンがmodel-246H。 そして”H”がつくことでマイスターモデルにアップデートした点がこちらのディティールにみられます。       モダンなシルエット、ディティールに、マシンによるブレのない縫製、手作業ならではの温かみと手間を融合させたのが246Hなのです。   ファブリックはRING JACKET ORIGINAL – RING super 140′s tropical. 良い原料を使い、しなやかで光沢感を持つイタリア生地。 しかし軽さを重視する為に、ヨコ糸を単糸使いにするのが通例。 そこで、 [...]

RING JACKET UMEDA store limited suit – 253H/168H

RING JACKET 梅田阪急店舗限定スーツ Available only Umeda Hankyu store. Limited for 2015 S/S season. 2015年S/Sシーズン梅田店舗スタッフによって企画され、現在限定展開を行っているのがこちらのスーツ。   南イタリアを代表するマーチャントによる高番手ウールシルク生地。 ”第2の皮膚”の様に身体の曲面にフィットさせる為のアイロンワークと、軽いコンストラクションを持つ253Hのポテンシャルを 存分に引出し、生地自体がもつそのしなやかさを感じていただけます。       “MEISTER MODEL”となる253Hはナポリを中心にとるサルトリア技術を現地にて学び、RING JACKET独自のクロージングとして昇華させたモデルでもあり、 歴史背景的に工業化が進まなかったからこそ育まれたその縫製技術と、物作りに対する情熱とセンスは、 肩口の仕様や、胸まわりからウエスト、裾にかけて現れるドレープ感に見て取れます。   太めのストライプに細い色違いのストライプが沿うことで奥行きを感じさせる表情も魅力。 適度な股上と、細すぎるという印象を与えない168Hのパンツを組下にしていることも特徴です。       PRICE: ¥180,000+tax MODEL: 253H / 168H COMPOSITION: 95% wool,  5% silk.   お問い合わせ: RING JACKET HANKYU MENS リングヂャケット 阪急メンズ 〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7-10 HEP ナビオ4F TEL:06-6363-8481(直通) [...]

Model – 257 × RING Cradock Mohair

現存するmodelの中で独特の存在感を放つのが “257“。   2014S/Sシーズンまで存在していた model – 242 このモデルは南イタリアらしい立体感のあるフォルムに加え、 英国らしさを感じさせる構築感とそれを引き立てるディティールが魅力のモデルとして存在していました。 RING JACKET ではそのスタイルをあえて英国感を感じさせる構築感をエレガントさを主張していていた方向性から、 あえて、力を抜いたような自由さを感じさせるバランスへと 2015F/W シーズンよりマイナーチェンジを計り、どちらかというと フレンチの香りが漂う様なテイストへシフトさせていきます。 最もそれが顕著に感じられるのが、幅広のラペルに対し、ゴージ角度を下げた事であえて言うならば “ゆるい” “懐かしさ”を感じ させる様な面構えへと変更した点にあります。 解り易く言うと、”とがった” 感を削ぎ落としたとも言えるでしょうか。   ただ、乗せている生地はこれまでの様、”British Flavor” 漂うパッキリウィンドウペーン。 前回詳細アップの様、打ち込みを強く入れヨコ糸モヘア100%の跳ね返りと、 シルクの光沢感が華やかさと生地自体の張りを感じさせる事で南イタリアテイストでもある 素朴な土臭さを払拭する表情に表れています。     胸幅と肩幅をやや広めにとったパターンのラインを奇麗に出す為には、外側への丸みが少ない直線的に見える肩線を奇麗に落とす為、model-235Hと比べやや外側に置くことが必です。 手間が施されているがゆえに癖を感じさせるMEISTER modelと比較しより解り易い男性らしいボリューム感と構築感は”とがった”感を落ち着かせつつ、多くの人にとってもかつては”戦闘服”あったスーツが持つ魅力と安心感じていただけるはずです。   PRICE: ¥130,000+tax MODEL: 257 / 166 COMPOSITION: 84% wool, 11% mohair, 5% silk. SIZE:44〜50      

UP-DATED CRADOCK MOHAIR Suit – Meister model

進化した “CRADOCK MOHAIR” Suit.   実は”生地”も縫製に勝るとも劣らない情熱とコダワリを持っています。 何故なら「服」は、食べ物と同様に「素材」が大切だからです。長年様々な素材を見極め、製品にしてきた経験とノウハウを 注ぎ RING JACKET ならではの視点とセンスで開発したオリジナルファブリックは、世界中を見渡しても稀有な スペシャルファブリックが揃っています。 斬新な素材、作り、そして現代的なセンスを融合したコレクションです。   RING CRADOCK MOHAIR が進化して帰ってきました。     最高級のモヘア産地として知られる南アフリカ。 その中でも、特に良質なモヘアの集積地とされる”CRADOCK”   2015年春夏シーズンは昨年のモヘア、ウールに加え、シルクをブレンド。     モヘアの持つ”シャリ感”のある光沢、抜群の通気性、皺になりづらい素材特性に加え、 シルクの特である軽さと、上質さが加わりました。   高温多湿が特徴の日本の夏において、見た目の演出にも、着用時における快適性、機能面においても最適なスーツ。 日差しの中でこそ映える一着です。     mode-235 マイスターモデルの拡充を計る中においても、最もナポリライクなクラシカルな面と持つ “The Original Meister model” ゴージ角度、ラペル幅、唯一薄い肩パットを入れることで、男らしい厚みのある胸周り、柔らかくとも構築感のあるシルエットを生み出し、落ち着いた印象を与えます。     肩口に見て取れる”雨降り仕様” また、肩線は前肩と後肩とで縫い目の長さは同じながら、後肩側の生地は縫い合わせの前は前肩に比較し長く、アイロンワークでイセ込まれることで、身体の曲面の沿う丸みを帯びています。   また、リングヂャケットが物作りにおいて最も特徴とされるのが「一枚衿」 昔ながらの縫製方法は手間がかかり、アラが表れ易い点でもあるのですが、 着用感と、首から肩にかけての吸い付きを具現化させるために手を抜いてはならない最も大切な点と言えます。   他にも細かい箇所ながら、確りと手を抜かずに作り上げられています。       PRICE: ¥140,000+tax MODEL: 246H [...]

旧Blog

  • facebook
  • twitter

  • tumbler
  • Instagram

  • 公式楽天ショップ