Staff recommended Coat Style – UMEDA -

Mr.Kudo RING JACKET UMEDA staff

 

 

 

 

“オーストリア”と聞くと何を連想するだろう。

 

誰もが耳にしたことはあるウィーン少年合唱団、ザッハトルテ、レッドブル、スワロフスキー、そして有名な作曲家モーツァルト、シューベルト、、ヨハン・シュトラウス、第2次世界大戦でその名を轟かせたヒトラーの出身国でもある。

 

現在のオーストリアは中欧の小さな匡であり、音楽を中心とした文化的な歴史を有し、美しく壮大な自然に溢れた国というイメージがほとんど。

 

ファッションという点からみると馴染みのなさそうなオーストリア。

 

しかし“ローデングリーン”という色の名称を耳にしたことはないだろうか。

 

 

 

 

 

この“ローデングリーン”の色こそオーストリアが発祥の地なのである。

 

元を辿ればオーストリア伝統のローデンコート、彼の地の貴族がハンティングに使ったコートでそのグリーンはいつの日か“ローデングリーン”と呼ばれるようになった。

 

その“ローデングリーン”の色合いはまるで欧州の深い森を連想させ、多くを語らずとも叙情的であり、静謐な雰囲気さえもたらしてくれる。

 

 

 

 

今季RJから発表された新型のローブコート。

 

“ローデングリーン”色の生地を落とし込み、男らしいワイドな衿、80年代を彷彿とさせるゆったりとしたシルエットと長めに設定された丈は精悍な雰囲気と同時に端正な佇まいを併せ持ち、この現代において改めて新鮮さを感じさせてくれる。

 

シルエットの流れはこの1、2年で大きく変化した。少し古臭いと感じていたものが格好良く感じ、自身も着用してみたくなるものである。歴史は繰り返されるとは言い得て妙でこんなシルエットバランスが“イマ”の気分だ。

 

最後にオーストリア出身の経営学者ドラッカーの言葉で締めくくりたい。

 

 

 

 

“まず何よりも、変化を脅威ではなく機会としてとらえなければならない。”

 

 

 

 

 

 

 

 

From UMEDA

  • facebook
  • twitter

  • tumbler
  • Instagram

  • 公式楽天ショップ