RING JACKET owner ~ why I choose RING JACKET ~ SHINJUKU ~

今のご時世、世の中にはブランドがごまんと溢れている。   我々リングヂャケットの様な重衣料メーカーも 例外ではない。   しかし、その中でなぜお客様はリングヂャケットを 選ばれるのか?   その疑問を紐解くべく、リングヂャケットオーナー様に インタビューを行った。   第3回目は新宿店。   オーナー様は藤井様、インタビュアーは スタッフ長谷井だ。     長谷井『RING JACKETを知られたキッカケを教えて下さい。』 藤井様『27歳の時、仕事上の環境に大きな変化が有り装う事への意識が強くなりました。 そんなときにオンオフ共に利用していたショップの方からRING JACKETを教えて頂いたのがキッカケです。 同じ業界の方がお勧めするのだから間違いないと思いお店を調べて、新宿店へ伺いました。』     長谷井『初めてご来店頂いてから、今日にいたるまで、数あるブランドの中からRING JACKETをお選びいただけている理由をお聞かせいただけますでしょうか。 藤井様『私が人生を歩む上で大切にしているテーマが【向上心】です。 自ら手を挙げて新たな挑戦を行う、足りない所は努力する当たり前の事ですが非常に強く意識しています。 初めてお店を訪れた時に商品の着心地には驚かされましたが、それ以上にモノづくりへの熱量【注文服のような着心地の既成品を作る】という目標にむけて真摯にアプローチしている点が私の人生観に近いものを感じ強く惹かれたのを覚えています。 今の時代は複雑でコストを抑えるために商品が出来るまで誰がどんな風に作っているか分からない事が多いと思います。 そんな時代だからこそ、貝塚工場・本社・各店の皆様がお互いに顔を知っていて、意見を出し合いいいもの作ろうというモノづくりの過程は競合他社との強烈な差別化が図れているのも私がRING JACKETさんを長年愛用させて頂いている理由です。』     長谷井『お仕事ではスーツとジャケット、着用される頻度はどのような感じですか。 藤井様『割合としては4:6です。お客様や取引先と対面する場面ではスーツで臨むことが多いです。 いいスーツを着て、それに見合った仕事をするという風にモチベショーンアップに繋げています。 もちろん着用していなくても成果を出そうと努力していますが。笑 初めて新宿店に伺った時に作らせて頂いたオーダースーツは今でも健在でスーツの中では既成品も含めて1番気に入っている思い出のスーツです。 ジャケットは主に他部署と関わるプロジェクトや社内のプレゼンの場面で着用しています。 仕事上あまり華美な色柄や生地感は着用出来ませんが客観的に見て、爽やかで近寄りやすい着こなしを意識しています。 特にネクタイをしない際のシャツにはこだわりがあり襟立ちの良さ、第2釦を開けた時に綺麗にロールするRING JACKET NapoliやRJのシャツを愛用しています。』     長谷井『RINGJACKET製品を着用されて印象に残るエピソードはありますか。』 藤井様『最近では海外出張の機会も有りより一層装う事への意識は高まっています。海外の取引先の方がRING JACKETを知られていて褒めて頂けたのは嬉しかったです。 また社内の方、取引先の方からも「どこのスーツ(ジャケット)?カッコイイね」と言って頂ける事が多いです。 意識している点を気付いて褒めて貰えることは非常に嬉しいです。そうゆう経験から私自身も積極的に周りの人の小さな変化に気付き、今まで以上に言葉で伝えられる様になりました。』     長谷井『今後RING [...]

SNAP – RING PEOPLE – MEISTER 206 AOYAMA -

RING JACKET MEISTER 206 AOYAMA manager Mr.Hiramine       RING JACKET MEISTER 206 AOYAMA staff Mr.Takenouchi       RING JACKET MEISTER 206 AOYAMA staff & PR Mr.Tsuda       RING JACKET MEISTER 206 AOYAMA staff Mr.Nasukawa  

RING JACKET owner ~ why I choose RING JACKET ~ MEISTER HAKATA

今のご時世、世の中にはブランドがごまんと溢れている。   我々リングヂャケットの様な重衣料メーカーも 例外ではない。   しかし、その中でなぜお客様はリングヂャケットを 選ばれるのか?   その疑問を紐解くべく、リングヂャケットオーナー様に インタビューを行った。   第2回目はMEISTER HAKATA店。   オーナー様は楠田様、インタビュアーは ストアマネージャー井上だ。         井上 『楠田様にとってリングヂャケットのオーダーの魅力とは何でしょうか。』   楠田様『服づくりにおいて素人ながら感じるのは、常識的であり普遍的、奇をてらわない、そして常に変化している。品が良く、服に関わるリングヂャケットの人たちの思いが伝わります。』         楠田様『特に206は袖を通した瞬間に皮膚感覚で着心地の良さを実感しました。』   『ただ単に服を注文(オーダー)することではなく、今の私自身を具現化してもらっているような感じを受けます。 仕立て上がりの服を身に纏うと自然と背筋が伸びて、程よい緊張感をもって一歩を踏み出すことができます。』   『リングヂャケットマイスター206でのオーダーは、私の今後の人生において必要不可欠なものであり、メイドイン貝塚で作られた服であることが魅力と言えます。』       井上『 楠田様にとってスーツとはどのようなものでしょうか。』   楠田様『スーツは私自身であり、その時々の場面は違っても対峙する相手の方々への私の印象となります。自分の身体に合ったスーツは相手にとって印象が良く、紳士的な立ち振る舞いを心がけています。そして、少しだけ自分なりのエッセンスを入れる楽しみもあります。』   『基本はシンプルに着こなすことが大事だと思います。私の場合仕事上でスーツ着用の機会は少ないのですが、外出する際や相手をお迎えする場合などその局面においてスーツを着用するように心がけています。ただし普段使いでもスーツを着用する時もあり、インナーを変えることで堅苦しさも抜けて洒脱に着こなすことが出来ます。』   『自分なりの一着があれば休日などでも楽しむことができますし、特にこれからスーツを着られる方々(特に30代の紳士)にはリングヂャケットのスーツに一度は袖を通してもらえれば、服を通しての自分自身を見つめる良い機会にもなると思います。』       井上『楠田様の思い出の一着を教えてください。』   楠田様『40歳過ぎの頃にパターンオーダーでお願いしたベージュコットンのソラーロスーツです。最初から色と生地は決めていました。着用しているその方(モデリスト)にあこがれ真似をしました。』   『デパートの一角のお店に、緊張してお伺いしたのですが、来店時から私への接客の対応、物言い、所作、動作全てにおいて紳士的であり、初めて受ける対応で本当に嬉しくて感情の高ぶりを抑えることができませんでした。』   『着心地も良く、真夏の汗をかく日にもやせ我慢で着用していました。眺めるだけでも楽しくて愛着のある思い出のスーツです。その時から服は着ることではなく、自分自身であるということを未熟な私に教えてもらいました。それが服への造詣の始まりだったと思っています。』   [...]

SNAP – RING PEOPLE – MEISTER 206 YODOYABASHI -

RING JACKET MEISTER 206 YODOYABASHI manager Mr.Kadobayashi       RING JACKET MEISTER 206 YODOYABASHI staff Mr.Hanna       RING JACKET MEISTER 206 YODOYABASHI staff Mr.Kudo       RING JACKET MEISTER 206 YODOYABASHI staff Mr.Hyoge  

RING JACKET owner ~ why I choose RING JACKET ~ MEISTER 206 YODOYABASHI

今のご時世、世の中にはブランドがごまんと溢れている。   我々リングヂャケットの様な重衣料メーカーも 例外ではない。   しかし、その中でなぜお客様はリングヂャケットを 選ばれるのか?   その疑問を紐解くべく、リングヂャケットオーナー様に インタビューを行った。   第1回目はMEISTER 206 YODOYABASHI店。   オーナー様は中村将幸様、インタビュアーは ストアマネージャー門林だ。         門林『早速ですが、数あるブランドの中でRING JACKETをお選びいただく理由をお聞かせいただけますでしょうか』   中村様『一つは既製品にもかかわらず、フルオーダーしたようなフィットした形だからです。特にエレガントかつ私のオリジナリティを表現してくれるところが選んでいる理由です。また、私のワードローブを把握し、門林さんをはじめとするスタッフの方々の被らない提案とアドバイスも理由の一つです。』     門林『RING JACKET製品を着用されていて、印象に残るエピソードはございますでしょうか。』   中村様『RING JACKETのスーツを着用していると様々な方から声を掛けられる事が印象的ですね。もちろん自分自身もスーツ姿を美しく清潔感あるスタイルに見せる努力もしていますので、それもあるとおもいますが(笑)』     門林『これまでご購入いただいたRING JACKET製品で特に思い入れのあるモノはございますでしょうか。』   中村様『206レーベルのFOX BROTHERSの生地を使ったダブルブレステッドのジャケットです。自分のスタイルをより良く、そして最大限に引き出してくれている。周囲からも絶賛され、どこのブランドですか?とよく尋ねられるのも理由です。』   門林『今後RING JACKETに求める、期待されることはございますでしょうか。』   中村様『日本において洋服の文化は未だ100年ぐらいですが、RING JACKETの持つ不易流行の理念の下で紳士服の王道を追求し、釦を掛け違える事無くJAPAN GENTLEMANを創造していってほしい。またアパレル業界を担う存在、斬新なビジネスモデルを形成して、より顧客ロイヤリティを感じられるブランドになることを期待しています。』     門林『最後に、中村様が考える究極のVゾーンを教えてください。』   中村様『シャツの衿型はホリゾンタルワイド、ネクタイはエレガントなディンプルが出来る仕立てのものが自分なりの究極です。ネクタイのノットとシャツの襟の角度が90度になるように意識しています。また、主観ではなく客観的な目線も大事にしていて、立体感のある3釦段返りで深い位置が鉄則です。』   門林『中村様、この度は貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。』  

SNAP – RING PEOPLE – ONLINE STORE -

RING JACKET ONLINE STORE manager Mr.Sakamoto       RING JACKET ONLINE STORE staff Mr.Akiyama  

Recommend imported brand – ONLINE STORE -

毎シーズン、購入してしまうのが今回紹介する “JOHN SMEDLEY”。     英国の王道ニットブランドとして知名度のある ブランドならではの“安心感”は最大の 魅力ではないでしょうか。   定番のタートルネックのカラーバリエーションが どんどん増えていくのが冬の楽しみになっています。   昨年は少し明るめのブラウンカラーをセレクトしたのですが、 今年は少しシックな雰囲気のブラックを選択しました。   新モデルのダブルのスーツを購入しましたので モダンでシックなコーディネイトがしたく ブラックを選びましたが今季のRING  JACKETの テーマカラーであるグリーンも気になっています。   安心感のあるニットだからこそ長年に渡り愛用出来る。   また、カラー等で遊びを加えその時の“気分”を コーディネイトに加える事が出来る ニットブランドであるかと思います。   今季、RING JACKETでは私が紹介したタートルネックと ポロシャツを展開しております。         ITEM : TIE / JOHNSMEDLEY ART : 98359F01 PRICE : 31,000- YEN +tax COMPOSITION :Wool 100% 【RING JACKET MEISTER ONLINE STORE】 【RAKUTEN [...]

SNAP – RING PEOPLE – SHINJUKU -

RING JACKET SHINJUKU manager Mr.Iwata       RING JACKET SHINJUKU staff Mr.Sato       RING JACKET SHINJUKU staff Mr.Hasei