“THE COLOR OF TRAVELS” – Press column

  “THE COLOR OF TRAVELS” category: “SEASON THEME” No, 17 (2021,01,31)   19FW : 「Forest color」 20SS : 「Preppy & Havana」 20FW : 「Military & Work」   上記ここ過去3シーズンのテーマだ。 「カラー」、「スタイル」くくりと続いたが、実はその昔RING JACKETはシーズンテーマなど掲げていなかった。 “テーマ”というコンセプトがあると、“方向性”が決まってくる。 そしてシーズンがスタートするとその“方向性”を対外的に発信して行く。 接客時における「今シーズンのRING JACKETは○○です」の様に。 実は、対外的な発信の前に社内的な方向性を統一させる事にもシーズンテーマは一役かっていたりする。 前回 20210117投稿“RING JACKET MEISTER 206” でのコラムにおいて触れたのもその一例だ。   “テーマ”が掲げられているとそれが“そのシーズンにおけるトレンド=流行り”としても受け取られるのが一般的である。「Forest color」、「Military & Work」は正に色とスタイルにおけるトレンド提案なのであろうと考えた方も勿論多かったと思うのだが、実は直接的にトレンドを意識していないというのが本当のところだ。 勿論、例年開催されていたMilano Unica、PITTI IMMAGINE UOMOといった世界的な展示会を経てRING JACKETの物作りも進行して行くので、全くもってトレンドに沿っていないというのもまた事実ではないのだが、   トレンドと被る点もあれば全く被らない点もある。   これがここ数年RING JACKTが掲げるシーズンテーマなのだ。 コロナ禍影響で上記展示会も本来のスタイルでの開催が見送られている中、それこそ謳われている“トレンド”の影響力は落ちつつあると感じている。 そんな今でこそ普遍的な価値とスタイルを持つメンズクロージングを、みなさまご自身の価値観含め楽しんでいただく機会ではないかと思います。 その中でRING JACKETが提案する今シーズンのテーマに影響され、取り入れていただけると嬉しいですね!   [...]

“RING JACKET MEISTER 206” – Press column

“RING JACKET MEISTER 206” category: “RING JACKET MEISTER 206” No, 16 (2021,01,17)   RING JACKET 2021年春夏シーズンが淀屋橋、青山の両MEISTER 206屋号店舗においていよいよスタートしました。   例年この時期は、伊フィレンツェにて PITTI UOMOが開催されている筈で、トレンドとは距離をあえて置くことを意識している自身であっても、今やリアルタイムでチェックできるスナップ等をなんだかんだ楽しみにしている訳です。 私がこのメンズクロージングの世界に引き込まれた理由の一つに挙げられるのは、 洋装文化という日本から海を超えた向こうにある、長い歴史と共に形作られた、表層的な物とは絶対的に異なる装いの文化への憧れもあるのではと思っています。 今でこそトレンドくくりで見られる面も強くなってしまったPITTI UOMOだと思うのですが、かつてのメインパビリオンの2Fにはクラシコの重鎮メーカーが揃い踏みで、トレンドとは異なるなんか近寄りがたいオーラみたいなものを醸し出していたものでした。 そんな近寄りがたい雰囲気の源こそが、歴史と共に洋装文化を形作った時間と、職人技術によるものだと今でもそう思うのです。   “RING JACKET MEISTER 206” それこそRING JACKETがどこまで拘れるかを追求し、縫製技術的にも、スタイル的にも既製品として具現化した最上級レーベルなのです。 2016年秋冬シーズンにスタートしたこのレーベル、きっかけとしてはRING JACKET内においても「何が目指すべきスタイル、スタンスなのか?」というところから始まったものだったと記憶している。 RING JACKETの認知が国内外においても拡大して行く中、先に触れた様トレンドだけでの認知とならない様に、またスタッフの意識においても方向性を統一する必要があったのです。 キャラクター濃い服大好物スタッフが集う中において簡単に何が正解かを統一させる事はなかなか困難な事は容易に想像がつきます。 そこでその方向性となったのが、弊社代表福島が持つスタイルへの意識だったのです。 “注文服の様な着心地の既製品を作ろう”という創業理念を掲げてスタートした時にはビスポークで縫い上げる技術も持つ職人達が物作りを行っていたと聞きます。その当時から用いられている“被せ襟”等ビスポークに用いられる縫製仕様を既製品に。手間と時間、技術をこのレーベルに持ち込む事となったのです。 そして、その面となる生地はメンズクロージングを形作った英国生地がメインに選ばれたのでした。RING JACKETがスタイルとする軽く、柔らかな着用感はイタリアの中においてもナポリに代表される手作業から生み出されるスタイルに根を持ちますが、ナポリ仕立てと呼ばれる文化においても英国文化が与えた影響は大きく、その文化への憧れもあってか各サルトリアにおいても生地は英国生地というのが昨今“クラシック回帰”云々のトレンドとは関係無く意識として根付いているものなのです。 “RING JACKET MEISTER 206”はこの2つの要素を代表福島が持つ意識によって具現化されたレーベルなのです。   今回の投稿に辺り具体的な縫製面における特徴など、スペックにも触れようと思っていたのですが、既にレーベルの導入で大分文字数割いてしまいまして、書き始めの予定とは異なったのですが、恐らくこの内容は未だ外に出ていなかったと思います。 2016年秋冬レーベルデビュー時よりジャケットの型紙は変化なく6年間継続していたのですが、この2021春夏シーズンより真新しい型紙によるNEWモデルが登場しています。 間も無くスタートするオーダーフェアにおいてもこの新型をベースにしお作りする事が可能です。   RING JACKET MEISTER 206 [...]