COLUMN 『服の向こう側』 vol.25 / WASHED 2 PLEATS TROUSERES

この不定期連載コラム『服の向こう側』は、普段触れることの少ない『モノ作りの裏側』や『服が店頭に並ぶまでのバックストーリー』を届けることによって、これまでよりほんの少し服に愛着が湧いたり興味を持ってくれたりすると嬉しいなと思い始めた。     商品を手に取ったときに一番気になるのは何だろうか? 個人的には、買い物する際に「このブランドは創業何年で…」等々のブランドリリースをそのままコピペしたような文章に全く興味が湧かない。   そんな事より、 ・何故これを作ろうとしたのか? ・この商品ならではの特性は? ・作り手が本当に伝えたいこだわりは? デザイナー、バイヤー、企画者、職人…、誰でも良い。その商品に携わった人の生の声を聴きたいと思うのは私だけではないはずだ。     ウェブの検索エンジンを使えば、自宅にいながら必要な情報の殆どが得られる現代において『モノ作りの現場に行かなければ分からない事』『検索エンジンでは得られない情報』を届けることの重要性がとても高まってきているように感じる。 ※その一方で、「ファッションとしての楽しさ」「ウンチク一辺倒ではない“見て・着て・出かける(着飾る)”ときにワクワクドキドキする感じ」も同じくらい大事だと思う。     これまで『RING JACKET Napoli』企画のシリーズを中心に書いてきたが、勿論MADE IN JAPANのシリーズもこだわりが詰まっている。             洗いのかかった程良いヌケ感のあるパンツ。 この『程良い』が曲者だ。これまでこういった製品洗いの商品はイタリア製の独壇場だった。 ガーメントダイと呼ばれるこの手法を用いたイタリア製のジャケットやパンツをこれまで沢山見てきた。確かに上手い。良い雰囲気である。これまでに個人的にも色々試してきた。   しかし、根っからのひねくれ者なのか? 『イタリアに出来て日本で出来ない筈がない。』と思い立ち、早速国内の洗い専門工場を当たった。             幾つかの工場でサンプルを見せて、「この表情を出したい!」と打合せするも中々思うような結果は得られなかった。 所謂、反応染めと呼ばれる染料が定着しやすい染料で染める工場はこれまでの取引先であったのだが、目指した雰囲気はこれまでの手法では出来ない。   正直に言うと簡単に出来ると思っていたが、かなり雲行きが怪しくなってきた。     しかし、諦めかけた時に偶然出会ったのは意外なところであった。 いわゆるドレスクロージングメーカーが使うのはウールが中心なので、イタリアのヴィエラ、イギリスのハダースフィールド、日本の尾州といった産地に行くことが多い。     しかし、少し違った切り口があった方が面白いのでデニムやチノクロス等の産地である備後地区(広島~岡山にあるデニム発祥の地)にもう何シーズンも生地を探しに行っている。ドレスクロージングブランドなら普通はこの産地の生地を使う…、といった一般的な常識に縛られる必要はない。 クラシックやルーツに敬意を払いながらも、自由な発想でモノ作りを出来るのがRING JACKETの隠れた魅力の一つだと思っている。     [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.23 / 7:3の法則②

こんにちは、 昨日に引き続き『服の向こう側』7:3の法則第二弾です。     アニマルモチーフをはじめとしたウィットにとんだユニークなモチーフタイが今新鮮!とご紹介させて頂きましたが、、、 正直好みも分かれるところです。(それが良いのですが)     ありそうでない、、、 こんなタイもお勧めです。                         ITEM : TIE / RING JACKET Napoli ART : 59117F54 MODEL : 4 pieghe PRICE : 24,000- YEN +tax COMPOSITION :  SILK 100%  【RAKUTEN ONLINE STORE】     そう、 サテンプリントのタイです。     以前ご紹介させて頂いた通り、『ヴィンテージ調のプリントタイ』が人気です。しかし、殆どベースがシルクツイル等のベーシックな生地にプリントしたものです。     サテンにプリントすることで、サテン生地ならではの光沢感と艶感がとても良い雰囲気に仕上がります。 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.22 / 7:3の法則

こんにちは、 不定期連載コラム『服の向こう側』になります。     昔、ファッション業界の先輩に教えられたことに『7:3の法則』というのがありました。 それは、どんなジャンルであっても海と陸の比率と同じように7:3のバランスが存在する。所謂メジャーな商品(売れ筋、流行の商品)とマイナーな商品(沢山売れる商品ではないが、服好きに受ける商品)とがある…と教えられました。   その比率が正しいかどうかは意見が分かれるところですが、そういった目線で商品を見るのも面白い視点だなと思ったのを今でも覚えています。     さて、 その法則をベースにすると、、、     ・ファッションに特別興味がない人達(70%) ・ファッションに興味があり感度の高い人達(30%)     となります。       そして、この30%の人達の中でも更に7:3に分かれてきます。     ・ファッション誌・SNS等のファッション情報にアンテナをはっていてトレンドに敏感な人達(70%) ※ネクタイで言うと、、、前回の『服の向こう側』でご紹介させて頂いた「ヴィンテージ調のプリントタイ」「レジメンタルストライプのタイ」などがコレにあたります。『トレンド or 今の気分』なタイです。 ⇒前回の投稿はコチラ     ・今流行っているモノより、次にきそうなモノが好き… もしくは、トレンドとは関係なく人とちょっと違うものに惹かれる人達。(30%)       、、、となります。 メジャー・マイナーと分類分けするとこうなりますが… 個人的には、欲張りなのでどちらの商品も好きです(笑)。           さて、少し話が変わりますが、、、 10年程前と違ってWEB・SNSによる情報伝達のシステムが飛躍的に広がった現在では、世界のファッション情報がほぼタイムラグなしにダイレクトに受け取れる時代になりました。     以前は、力のある一部の限られた人達(もしくはメディア)からの情報発信が主流だった為、『今季はコレが流行する』といった大きなトレンドが産まれやすい環境でした。     大手アパレルが有名タレントやスポーツ選手に衣装提供する…、ビッグブランドが広告宣伝費をかけてイメージプロモーションをかける…等々によってト『トレンド』が作られてきました。 そんな『大資本により作られたトレンド』に違和感を感じる人達が増えてくるとともに、『もっとリアルで等身大のファッション』を見ることができるストリートスナップの人気が上昇してきたのです。BLOG、SNSの普及によりこの流れは飛躍的に広がっていきます。 過去に例をみないほどのスナップブームの到来はある意味必然だったのかもしれません。 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.20 / レジメンタルストライプタイ

こんにちは、 今週の『服の向こう側』は、ネクタイのトレンドについてです。     前回、『ヴィンテージ調のプリントタイ』が今の気分…とご紹介させて頂きましたが、もう一つ大きな流れがあります。 (前回の記事はコチラ) それは、レジメンタルストライプのタイ。     多色使いでモダンな配色のものより、少しトラディショナルな『スクール、アイビー、プレッピー、、、etc』を感じさせてくれるタイが良いですね。                                 雑誌のスナップ等でよく見かけた『これぞ色気のあるイタリアおやじ』的なスタイルがしばらく続いた反動でシックな着こなしに移行しつつあります。 とはいえ、地味な着こなし…という訳ではなくて、どこかにイギリスやアメリカを連想させるアイテムをとり入れるのがポイント。       カッタウェイのシャツ⇒ボタンダウンシャツ   ロングノーズのスリッポン⇒ALDENのようなショートノーズ タッセルローファー     といったように「アメリカ的」なアイテムを着こなしに取り入れることで印象が少し変わります。         シャツやシューズも勿論良いのですが、色々なアイテムの中で最も手軽に雰囲気を変えれるのがネクタイ。 これまでは、クラシックな小柄の小紋タイだったのをレジメンに変えるだけでグッと気分が変わります。                     レジメンタルストライプの起源は、 英国軍の軍旗に由来していて、、、 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.17 / Sicilia編 ②

こんにちは、 今回の『服の向こう側』は、シチリア編②になります。 ※前回のシチリア編はコチラから       さて、前回はナポリから苦労して?シチリアに入ったところで終わっていたので、、、 その続きになります。             シチリア島のこの辺です。 今回の目的地は、ホテルなどない丘の上にあるので、、、 近くの海辺のホテルで泊まり翌朝向かいます。         シチリアの朝       ここから、また車で向かいます。     海沿いを走って、、、         山道に入り、 登って、、、       登って、、、       ひたすら山道を登ります。 車中の温度計をみると4~5度気温が下がるくらい高地に行きます。             ようやく山頂の集落に到着。   ファッションとは無縁の穏やかな田舎の村、、、 といった感じです。   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.16 / RJ knit polo

こんにちは、 久しぶりのコラム『服の向こう側』になります。 当初から不定期連載…、と言ってたものの業務に追われ更新が滞っていました。大変申し訳ありません。   思いの他、「楽しみにしてますよっ!」という声を多く頂き嬉しく思っています。     何でも簡単に手に入る時代になってしまったからこそ、『モノそのもの』にだけ商品価値を見出すのではなくて『服のサイドストーリー』や『そこに込められた想い』といった要素がとてもとても重要になってきたと感じています。 これからも少しずつですが、知られざる?!『服の向こう側』をご紹介させて頂ければと思います。     さて、 話しが逸れてしまいましたが、、、     今回はオリジナルのニットポロを紹介させて頂きます。               『レトロポロ』というネーミングで最近人気となっているニットポロ。 鹿の子ポロシャツも良いけど、少し大人っぽく、クラシカルな雰囲気に、、、 というときに重宝します。     今季は、多くのブランドから提案されていますが、有名ニットメーカーのニットポロの多くは『ヌメリ感』を重視したモノが多いのが特徴でした。 ※『ヌメリ感』=『しっとりとした手触り、カシミアタッチ』と言えます。     意外と知られていませんが、イタリアの多くのニットメーカーは春夏シーズンであってもカシミアをコレクションに入れています。 最初見たときは、『お洒落は我慢。。。暑くてもカシミアを着るのが欧州上流階級のお洒落なんだ。』 と思ったものですが、完璧に間違いです(笑)。     イタリアに行かれた方は分かると思いますが、日本と違い気温が高くなっても湿気がなくジメジメとした感じがありません。 30度を超える猛暑でも日陰にいくとスッと涼しく感じたりします。 また、寒暖の差も大きく昼間はリネンのシャツや半袖ポロシャツ、、、といったスタイルでも朝晩は冷え込むので羽織るものが必須となります。 こういった理由から春夏シーズンであっても『しっとりとしたヌメリ感があって手触りの優しい薄手のカシミアニット』が必要とされているのです。 ※ヴァカンスに海や湖畔に行く…、なんてスタイルにも必須ですしね。     さてさて、 日本に話を戻すと、、、 そんなイタリアと違って、残念ながら日本では高温多湿で不快指数がグングン上がる季節があります。     『触ったときにしっとりとしたヌメリ感があって優しい手触りのニット』では、汗をかいたときにベタベタと身体にまとわりつき不快に感じてしまいます。 そこで、『ヌメリ感』とは反対の『シャリ感、清涼感』を備えたニットポロを作ろう! と企画しました。     『ヌメリ感』を出そうとすると油分を多く含んだ高級な超長綿を使います。海島綿を使ったニットなどが有名ですね。 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.15 / RJ pleat pants ②

  今回の『服の向こう側』は、先週に引き続きRJプリーツパンツについてです。               このほんのり光沢があって上品なツイルコットンだけど、、、 何故か?ちょっとヌケ感がある…     実は、製品染め&洗いをしています。 通常は、もっとラフ&カジュアルになってしまうのですが、仕上げにソフトプレスをして『カジュアル~ドレスの狭間』くらいの絶妙な仕上げにしています。     これまで、 ジーンズにジャケット、、、 洗いのかかったパンツにジャケット、、、 リブパンツやイージーパンツにジャケット、、、 とテーラードジャケットに合わせるコーディネートもカジュアル化が強くなっていましたが、『行き過ぎたカジュアル化からの振り戻し』によるクラシック回帰の流れがジワジワときています。     かと言って、いきなりカジュアルな要素がゼロになる訳ではありません。     そこで、『カジュアル~ドレス』の架け橋となるようなアイテムが必要なのでは? というところからこのパンツを企画しました。           これまで多かったガーメントダイ(製品染め&洗い)パンツは、いわゆる『硫化染め』という手法で仕上げられています。     生地に色素が定着し難い染料で染めるので、 一度染めた後にもう一度製品洗いを施すと↑のように色が落ちて長年穿きこんだかのような雰囲気に仕上がります。     『カジュアル感』 『ヌケ感』 を出すことが出来るのが特徴です。           一方、今回のパンツは『反応染め』という染め方で染めた後に製品洗いを施しています。 ※更にその後ソフトプレスして仕上げ。       染料が定着しやすい染め方で、洗いの適度なヌケ感がありながらカジュアルになり過ぎないのが特徴です。 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.14 / RJ pleat pants

こんにちは。 今週の『服の向こう側』は、【RJ by RING JACKET】のプリーツパンツになります。     ここ最近、Napoli企画の話題が多くなっていてかなりそちら寄りの商品紹介になっていましたが、、、 勿論made in Japanのオリジナル企画もそれに負けない創り込みをしています。     海外とのやりとりがあるRING JACKET Napoliとは違い全て国内で完結するので、『より綿密な打合せ』ができつつ『スピード感』があるのが国内企画の特徴でしょうか? 個人的には、RING JACKET Napoliシリーズの商品群は勿論大好きですが、、、RJシリーズも同じくらい好きなんです!             以前に、 プリーツパンツが帰ってきた! これまでのノープリーツパンツを踏襲したプリーツパンツが今のスタイル!!!として紹介させて頂きましたが、、、     厳密に言うと少し違います。     ヒザ~裾にかけてのシルエットはノープリーツをベースにしていますが、腰回りとワタリ幅が少しゆとりが出ています。 あと最大の特徴は股上の深さ。少しずつ深くなってきています。 ここ数年は、全体的に身体にフィットしたスーパースリムで股上がかなり浅いスタイルがスタンダードになっていましたが… 少し変化が出てきています。     行き過ぎたカジュアルスタイルからの振り戻しから『クラシック回帰』が世界的な流れとなっています。     しかし、海外スナップやインスタグラムで見かける極端に股上が深くワタリ幅がタップリとあるスタイル、、、 確かに今見ると新鮮ですが、日本人がそのまま真似をすると何だか似合わないケースが多いです。 骨格がしっかりとしていてヒップ廻りに筋肉がついていると、深い股上とゆとりのあるパンツもヒップトップから裾にかけてストンと落ちて格好良くはけますが…そうでない体格の人がはくと、80年代?に戻っただけのような格好になってしまいます。     適度な股上の深さ、、、 適度なワタリ幅のゆとり、、、 が大事です。     この『適度な』 塩梅を何度も試作し辿りついたバランスがコチラ   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.12 / Sicilia編 ①

こんにちは。 今回の『服の向こう側』は、シチリア編になります。 そう、ゴッドファーザーで有名なあのシチリア島に行ってきました。       ※ナポリの朝焼け     早朝からナポリで一仕事してからシチリアへ向かう予定が… トラブル続きで、結局ナポリを出たのは夕方。辿りつけるのか???とかなり心配。。。 ※ナポリでのトラブル?は、また機会をみてお届けしたいと思いますのでここでは割愛させて頂きます。     ナポリ~シチリアのフライトもあったのですが、ナポリの仕事がこんな感じでどうなるか分からなかったので自由の効く車での移動になりました。 ナポリからレッジョカラブリアまで行き、そこからフェリーに乗ってシチリア島を目指します。     ナポリからレッジョカラブリアまで車で約5時間。フィレンツェ~ミラノ~コモ~ナポリ…と出張の疲れがドスンと出て車酔いする間も無く爆睡。   ※高速のパーキングエリア。水買って、トイレ済まして、すぐ向かいます。     高速をここでは書けない速度でぶっ飛ばしながら(笑)。 ナポリ仕立ての未来とRING JACKET Napoli、そしてRING JACKETについて色々と話しました。なんだか夜の高速で話すのは昼間話すのと少し違いますね。     そんな壮大な話をしていたからか? フェリー乗り場に着いたときは何だか感動しました。         ※殆どが業務用トラックで、一般車は少なかったです。この時、ファッション関係者は間違いなく僕達だけでした。         フェリーがくるまで1時間ほどあったので、少し埠頭をブラブラしてみました。                       対岸にシチリアの灯りが見えます。夜でも海の透明度が凄い!!!   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.11 / RING JACKET Napoli trousers 3

こんにちは、『服の向こう側』ナポリパンツ編vol.3になります。     先週、先々週と続いているので…、 まだあるの? という声が聞こえてきそうですが、、、 普段見えない服の向こう側をお伝えする当コラムは、サラリとした商品紹介とはまた違った『濃さ』を前面に押し出した内容にしています。グーグルで検索すると殆どの情報が手に入る現代において、検索エンジンでは出てこない『モノ作りの現場』『“格好良い服”が出来上がってくるまでのサイドストーリー』をお届けすることにより、いつもよりちょっと服の見方が変わったり、愛着が湧いたりするキッカケになれば嬉しいなと思っています。         さて、早速ですが 何度か登場しているこの画像、ちょっと違和感というか一般的なパンツと少し違うところがあります。 分かりますでしょうか?         そう、 片倒しの向きが反対なんです。   ??? という方が殆どだと思いますので、分かりやすく説明すると、 脇のハンドステッチが後身頃側に入っています。     一般的には、前身側に入るパンツが多いです。     実は、今回のパンツのように後身頃にステッチを入れるところがナポリではチラホラあります。 意味は左程無いようなのですが、知っているとちょっと嬉しいディテール話です。           あと、実はコダワリのディテールとして、、、             試作サンプルの打合せ時に、 『サンプルについている釦も悪くはないけど…、もっと高級感のあるやつに出来ないかな?』 『OK!本番は高級な水牛釦にするよっ!』     と言ってたのですが、、、 製品上がり前にナポリに行く機会があったので、念のためチェックしに行きました。     そこで、納品前の商品を見ると、 釦が前のまま、、、   [...]

旧Blog

  • facebook
  • twitter

  • tumbler
  • Instagram

  • 公式楽天ショップ