『RING JACKET Napoli』 SHIRT & TIE ORDER FAIR

      RING JACKETがオマージュを捧げる街«Napoli»。 彼の地で創り出される『 RING JACKET Napoli 』 シャツ&タイのオーダーフェアを開催いたします。       SHIRT   究極を追い求めた『RING JACKET Napoli』シャツ。それは、ナポリの職人による丁寧な針入れとRING JACKETが探究し続け辿り着いた立体感溢れるパターンが結びつくことにより創り出されます。更にお客様の体型にフィットさせる補正を入れることにより、世界で1つのシャツが誕生します。     納期:約4ヶ月 価格:45,000円から(税抜) 生地:約100種類 仕様:12工程ハンド デザイン:衿型 カフス ネーム 補正:着丈 袖丈 ネック&ボディサイズ組換       TIE   『RING JACKET Napoli』タイは、ナポリ・タイ界の巨匠率いる創業約100年のファクトリーにて手縫い生産しています。また皆様の首元を魅了するファブリックは、ヴィンテージコレクションから、 RING JACKETが厳選に厳選を重ねたラインナップをご提案いたします。     納期:約4ヶ月 価格:29,000円から(税抜) 生地:約200種類 デザイン:クアトロピエゲ セッテピエゲ 補正:レングス 大剣巾       RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 8/30(水) – 9/3(日) ※終了 [...]

『RING JACKET Napoli』 SHIRT & TIE ORDER FAIR

      RING JACKETがオマージュを捧げる街«Napoli»。 彼の地で創り出される『 RING JACKET Napoli 』 シャツ&タイのオーダーフェアを開催いたします。       SHIRT   究極を追い求めた『RING JACKET Napoli』シャツ。それは、ナポリの職人による丁寧な針入れとRING JACKETが探究し続け辿り着いた立体感溢れるパターンが結びつくことにより創り出されます。更にお客様の体型にフィットさせる補正を入れることにより、世界で1つのシャツが誕生します。     納期:約4ヶ月 価格:45,000円から(税抜) 生地:約100種類 仕様:12工程ハンド デザイン:衿型 カフス ネーム 補正:着丈 袖丈 ネック&ボディサイズ組換       TIE   『RING JACKET Napoli』タイは、ナポリ・タイ界の巨匠率いる創業約100年のファクトリーにて手縫い生産しています。また皆様の首元を魅了するファブリックは、ヴィンテージコレクションから、 RING JACKETが厳選に厳選を重ねたラインナップをご提案いたします。     納期:約4ヶ月 価格:29,000円から(税抜) 生地:約200種類 デザイン:クアトロピエゲ セッテピエゲ 補正:レングス 大剣巾       RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 8/30(水) – 9/3(日) ※終了 [...]

『RING JACKET Napoli』 SHIRT & TIE ORDER FAIR

      RING JACKETがオマージュを捧げる街«Napoli»。 彼の地で創り出される『 RING JACKET Napoli 』 シャツ&タイのオーダーフェアを開催いたします。       SHIRT   究極を追い求めた『RING JACKET Napoli』シャツ。それは、ナポリの職人による丁寧な針入れとRING JACKETが探究し続け辿り着いた立体感溢れるパターンが結びつくことにより創り出されます。更にお客様の体型にフィットさせる補正を入れることにより、世界で1つのシャツが誕生します。     納期:約4ヶ月 価格:45,000円から(税抜) 生地:約100種類 仕様:12工程ハンド デザイン:衿型 カフス ネーム 補正:着丈 袖丈 ネック&ボディサイズ組換       TIE   『RING JACKET Napoli』タイは、ナポリ・タイ界の巨匠率いる創業約100年のファクトリーにて手縫い生産しています。また皆様の首元を魅了するファブリックは、ヴィンテージコレクションから、 RING JACKETが厳選に厳選を重ねたラインナップをご提案いたします。     納期:約4ヶ月 価格:29,000円から(税抜) 生地:約200種類 デザイン:クアトロピエゲ セッテピエゲ 補正:レングス 大剣巾       RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 8/30(水) – 9/3(日) [...]

『RING JACKET Napoli』 SHIRT & TIE ORDER FAIR

      RING JACKETがオマージュを捧げる街«Napoli»。 彼の地で創り出される『 RING JACKET Napoli 』 シャツ&タイのオーダーフェアを開催いたします。       SHIRT   究極を追い求めた『RING JACKET Napoli』シャツ。それは、ナポリの職人による丁寧な針入れとRING JACKETが探究し続け辿り着いた立体感溢れるパターンが結びつくことにより創り出されます。更にお客様の体型にフィットさせる補正を入れることにより、世界で1つのシャツが誕生します。     納期:約4ヶ月 価格:45,000円から(税抜) 生地:約100種類 仕様:12工程ハンド デザイン:衿型 カフス ネーム 補正:着丈 袖丈 ネック&ボディサイズ組換       TIE   『RING JACKET Napoli』タイは、ナポリ・タイ界の巨匠率いる創業約100年のファクトリーにて手縫い生産しています。また皆様の首元を魅了するファブリックは、ヴィンテージコレクションから、 RING JACKETが厳選に厳選を重ねたラインナップをご提案いたします。     納期:約4ヶ月 価格:29,000円から(税抜) 生地:約200種類 デザイン:クアトロピエゲ セッテピエゲ 補正:レングス 大剣巾       RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 8/30(水) – 9/3(日) [...]

『RING JACKET Napoli』 SHIRT & TIE ORDER FAIR

      RING JACKETがオマージュを捧げる街«Napoli»。 彼の地で創り出される『 RING JACKET Napoli 』 シャツ&タイのオーダーフェアを開催いたします。       SHIRT   究極を追い求めた『RING JACKET Napoli』シャツ。それは、ナポリの職人による丁寧な針入れとRING JACKETが探究し続け辿り着いた立体感溢れるパターンが結びつくことにより創り出されます。更にお客様の体型にフィットさせる補正を入れることにより、世界で1つのシャツが誕生します。     納期:約4ヶ月 価格:45,000円から(税抜) 生地:約100種類 仕様:12工程ハンド デザイン:衿型 カフス ネーム 補正:着丈 袖丈 ネック&ボディサイズ組換       TIE   『RING JACKET Napoli』タイは、ナポリ・タイ界の巨匠率いる創業約100年のファクトリーにて手縫い生産しています。また皆様の首元を魅了するファブリックは、ヴィンテージコレクションから、 RING JACKETが厳選に厳選を重ねたラインナップをご提案いたします。     納期:約4ヶ月 価格:29,000円から(税抜) 生地:約200種類 デザイン:クアトロピエゲ セッテピエゲ 補正:レングス 大剣巾       RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 8/30(水) – 9/3(日) [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.19 / 風になびく軽やかなタイ

こんにちは、 今週の『服の向こう側』は、made in Napoliの風になびく軽やかなタイになります。     17SSより新しいネクタイ工房でもRING JACKET Napoliのタイを作っています。 17SSはソリッドだけのトライアル的なスタートだったので、本格的な展開としては、今季からになります。                                                   この工房では、全てクワトロピエゲ・スフォデラータ(4折・裏無し仕上げ)となっています。 軽やかなタイ作りを得意としており、ハンドメイドのタイしか作らない工房です。 ※『ハンドメイド』を謳っていても、ビジネスとしてマシンメイドのこなれた価格のタイも同時に作っているタイメーカーが実は多いです。                                   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.17 / Sicilia編 ③

こんにちは、 今回の『服の向こう側』は、シチリア編vol.3になります。   前回は、 ダブルフェイス仕立てのコートを作る為、イタリア南部・シチリア島の僻地?まで行った… というお話でした。 ⇒前回のシチリア編はコチラから     さて、 そのダブルフェイス仕立てが何故特殊な仕立てと言われているか? 知ってるようで知らない、、、人の方が多いと思います。     「単純に裏表が違う色の生地を使ったコート」 と思っている人も多いですが、今回のコートはちょっと違います。     分かりやすくするために少し強引に言うと、、、 『二枚の生地を接結糸と呼ばれる糸で留めて一枚の生地に仕上げた生地』 を使って、 生地一枚で出来るだけ軽くしなやかに仕上げたコート。 と言えます。         通常のコートは、裁断した生地と生地を縫い合わせたり、切りっぱなしになっている生地の端っこがボロけないように折り返して縫い上げていきます。その際に、生地の端と端を重ねて(または折り返して)縫うので、そこの部分が分厚くなります。       それを、、、 2枚の生地をくっつけたダブルフェイス生地は、裁断した生地の端を少し剥いで中に入れ込んで縫う事が出来ます。 何枚も重ねて縫う通常の縫製方法と比べて、薄く軽く仕上げることが出来るのが最大の特徴です。                         ↑こんな感じにふんわり柔らかく、軽く仕上げることが出来ます。         しかし、 これをしようとすると、、、 裁断したパーツの端を全て少~しだけ剥いで、端だけ二枚になる状態にして、 その端を中に入れ込んで、手でまつって行かなければなりません。   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.13 / Hand made POLO

    こんにちは、 今週の『服の向こう側』は、ナポリの素晴らしさとある意味での凄まじさ?を感じさせてくれたこのポロシャツになります。       実は、2016FWに納品される予定だった商品。         2015年の春から構想を練り始め、 2015年秋冬には何度もやりとりをして、、、 2016年1月のナポリ訪問で最終サンプルチェック、、、 2016年 ヴァカンス前に現地出荷。8月には店頭に並ぶ予定だった商品。     、、、が つい先日入荷しました。     ここに至るまで、まぁ色々あったのですが モノをみてニッコリ。     『素晴らしい』の一言。     『ハンドメイド ポロ』というジャンルがこのシャツによって出来るのではないか? と思わせるほどの雰囲気。 ジャージー素材のシャツやポロシャツは今まで沢山ありましたが、ここまでハンドを駆使したポロシャツはみたことありません。                             何回打合せしたら完成するのか??? と鬱気味になるくらい何度も何度もやりました。     裾のカット、剣ボロ、フロントの開きや仕様、、、などのデザイン面。 鹿の子素材の縫い伸び、、、による型紙修正。 生地の縮み、、、 布帛と違ってギャザーの出し加減が難しい、、、   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.11 / RING JACKET Napoli trousers 3

こんにちは、『服の向こう側』ナポリパンツ編vol.3になります。     先週、先々週と続いているので…、 まだあるの? という声が聞こえてきそうですが、、、 普段見えない服の向こう側をお伝えする当コラムは、サラリとした商品紹介とはまた違った『濃さ』を前面に押し出した内容にしています。グーグルで検索すると殆どの情報が手に入る現代において、検索エンジンでは出てこない『モノ作りの現場』『“格好良い服”が出来上がってくるまでのサイドストーリー』をお届けすることにより、いつもよりちょっと服の見方が変わったり、愛着が湧いたりするキッカケになれば嬉しいなと思っています。         さて、早速ですが 何度か登場しているこの画像、ちょっと違和感というか一般的なパンツと少し違うところがあります。 分かりますでしょうか?         そう、 片倒しの向きが反対なんです。   ??? という方が殆どだと思いますので、分かりやすく説明すると、 脇のハンドステッチが後身頃側に入っています。     一般的には、前身側に入るパンツが多いです。     実は、今回のパンツのように後身頃にステッチを入れるところがナポリではチラホラあります。 意味は左程無いようなのですが、知っているとちょっと嬉しいディテール話です。           あと、実はコダワリのディテールとして、、、             試作サンプルの打合せ時に、 『サンプルについている釦も悪くはないけど…、もっと高級感のあるやつに出来ないかな?』 『OK!本番は高級な水牛釦にするよっ!』     と言ってたのですが、、、 製品上がり前にナポリに行く機会があったので、念のためチェックしに行きました。     そこで、納品前の商品を見ると、 釦が前のまま、、、   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.11 / RING JACKET Napoli trousers 2

こんにちは、 一部では熱烈なファンがいるという噂の当コラム『服の向こう側』。 前回に引き続きナポリパンツをお届けしたいと思います。           ヒップポケットの上のダーツが二本入っているのが分かりますでしょうか? このダーツ処理によってヒップの膨らみを作っていきます。     古着屋とかで昔のパンツを漁ると、、、 年代にもよりますが、このダーツが1本のものがチラホラみかけます。     1本より2本にした方がより膨らみを作りやすいので、近年は2本にするのが主流です。 しかし、ナポリのパンツでは1本にしているところが結構あります。 ※昔の手法のままだから…なのか理由は不明です。     今回の工房の1stサンプルも実は1本で上がってきましたが、2本にかえてもらっています。     つい見過ごしてしまいがちな細かいディテールに於いても打合せを繰り返し完成度を上げて行ってます。 「ナポリだから全て良い」という訳ではないですし、「日本の仕様が必ず正しい」とも限りません。何度も何度も打合せを繰り返し完成度を上げて行くのがRING JACKETスタイルです。           あと、細かいところですが 後ポケットの玉縁も細くスッキリとしています。     ナポリでも土着のサルトなどでは、美意識がそこまで廻らないのか? 上着の玉縁はスッキリとしていても、パンツの玉縁がボテッと厚ぼったく仕上げているところも少なくありません。 ※有名なサルトリアでもパンツはパンツ専門の下職人に出すのが一般的で、パンツの細部にそこまで拘っていないところが多いのも事実です。     太い玉縁もそれはそれでアジがあるのですが、太すぎるのは現代的ではないので…。 ここも指定して細く仕上げてもらっています。 ※パンツの量産工場では、玉縁用の機械があり簡単に作れるようになっています。RING JACKET Napoliでは勿論『本玉』と呼ばれるハンドメイドで仕上げています。           あと、同様にベルトループが太いサルトリアも多いですね。 RING JACKET Napoliでは、細く仕上げてもらっています。簡単なようでコレが中々難しく、やった事がないことはやりたくないっ、、、と聞く耳を持たない職人も多く結構骨の折れる作業です。 [...]

旧Blog

  • facebook
  • twitter

  • tumbler
  • Instagram

  • 公式楽天ショップ