My MTO Jacket and Pant – Ginza -

Ring Jacket Meister Ginza Store Staff Mr. Mizobata   いつも弊社ブログをご覧頂き、誠に有難うございます。   本年も、どうかご愛読頂きますようお願い致します。   さて、今回は私のオーダージャケットとパンツをご紹介させて頂きます。   ブログをご覧の皆様の中には、春夏はジャケットスタイルがメインになる方も多いのではないでしょうか。   まずはイタリアの某有名マーチャントのリネンを使用したオーダージャケットをご紹介致します。   リングヂャケットの代名詞でもあるマイスターラインの型で作りました。   実はこのジャケット、昨年オーダーしたものです。   昨年の春夏に高頻度で着用し、良い感じに皺が見られます。   仕上がった当初より今のほうがリネン独特の雰囲気が出ており、気に入っております。   経年変化を楽しめることもリネンの特徴の一つです。   また、サラッと軽く羽織れるのも気に入っている点です。     パンツはこのジャケットに合わせてオーダーしたものです。   一見普通の白のコットンパンツですが、良くある春夏の薄いコットンではなく、   春夏ではまず用いない400gを超えるヘビーウェイトのコットンを使用しております。   パンツは弊社の代表的なモデルである168の型で作っておりますが少しディティールを変更しております。   股上を深く、全体的なシルエットを少し太目に作っております。   ヘビーウェイトの生地とゆとりのあるサイズ感が合わさって、   パンツのヒップ位置から裾まで一直線に落ち、非常に仕立て映えします。       このジャケットをオーダーする際、釦にも少し拘りました。   リネンのかすれた雰囲気を損なわないよう、極力光沢を抑えたものを使用しております。   これも気に入っている点の一つです。   恐らく、私が今年リネンジャケットをオーダーすると、このようなディティールにはならないと思います。 [...]

My MTO SUIT – Aoyama -

  RING JACKET MEISTER AOYAMA  Mr.Tsuda     青山店舗にてPRも兼務しております津田です。 ”Year around” qualityのイタリア製生地を使用した、 “MEISTER 206″仕様のMTOスーツを着用してます。       白シャツに、ソリッドタイのコーディネイトが物語る様、 フォーマルオケージョンも考慮したスーツです。   フォーマル用だからこそ拘りの一着をと考えられる方も多いと思います。 ですので、私は迷わず”206″での仕様を選択しました!     「個性を主張する必要の無い」 装いを求められるのがフォーマルクロージングの神髄でもあるのですが、、 略礼服としてハレの場で着用するスーツであれば、 細かいディテールに少しは好みを振りかけた My MTO SUIT でも良いのではないでしょうか。       薀蓄を語るほどマニア受けする生地ではありませんが、 しなやかな質感と、さり気無い光沢感、 深みのあるネイビーはそのオケージョンにおいて決して悪い印象を与えることはないでしょう。   上襟は首の後ろに吸い付きつつ、 下襟は身頃に沿うこのフィッティングに”殺し襟”という技術が見て取れます。     バランスにおいては、諸所伝わる黄金比を個人的に租借の上で補正を加えており、 ジャケットの着丈は既製品よりもやや長く、 トラウザーズの股上もウエストコート着用を前提にプラスしました。     コバのステッチや、肩山のイセによるギャザーは フォーマルクロージングのディティールとして本来無い方が良いのかもしれませんが、、     ここばかりはどうしても”206″が持つ手作業感を最大限に活かしたく、 コバより6mm位置(微妙にに目立つ様、コバぎりぎりではなくあえての寸法) に手作業によるステッチを入れ個人的所有感をアップさせてみました。 [...]

My MTO SUIT – Yodoyabashi -

  RING JACKET MEISTERYODOYABASHI shop manager Mr.Kadobayashi       こんにちは。淀屋橋店の門林です。   私のMTOスーツはWOOL×LINEN×MOHAIR素材の生地でオーダー致しました、 ダブルブレステッドスーツでございます。   既製品ではあまり見かける事のない素材が目に留まりオーダー致しました。   WOOL×LINEN×MOHAIRが魅せる上品な生地の表情や、 ブラウン×ベージュの配色をとても気に入っております。   またハリのある生地な為、 これからどのように着馴染み自分のものになっていくのか楽しみでございます。   着心地はウエストのシェイプや、肩傾斜、着丈など細部にこだわり補正を加えている為、 既製品とはまた一味違った、一歩踏み込んだ心地良さがございます。   目まぐるしくお洋服のトレンドは移り変わってい行きますが、 5年後、10年後を見据えてオーダーを作る行為は、 また一つ違ったお洋服の楽しみ方を見せてくれます。       1月11日より各店舗順にリングヂャケットバンチオーダーフェアが開催されます。   弊社バイヤーが唯一無二な生地を買い付けて参りました。   一点一点拘り買い付けてきた生地達は、 非常に見応えのある内容となっております。   皆様もこの機会に特別な一着をオーダーしてみてはいかがでしょうか。 ご来店心よりお待ちしております。     開催店舗・開催期間 RING JACKET MEISTER淀屋橋店 TEL:06-6222-8455 1/11(木) – 1/14(日) RING JACKET MEISTER青山店 TEL:03-6418-7855 [...]

Staff recommended Coat Style – SHINJYUKU -

            Mr.Hasei RING JACKET SHINJYUKU staff       今シーズン注目のラグランスリーブコート。   シルエットはタイト過ぎないAライン。 オンスタイルはもちろん、カジュアルスタイルでも合わせやすいコートです。   男のコートは背中で語る・・・ 実際に着て、実感して下さい。       ITEM : COAT / RING JACKET ART : RJ017F83F MODEL : RJCO-11 PRICE : 120,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100 % SIZE :42 . 44 . 46 . 48 . [...]

Staff recommended Coat Style – UMEDA -

Mr.Kudo RING JACKET UMEDA staff         “オーストリア”と聞くと何を連想するだろう。   誰もが耳にしたことはあるウィーン少年合唱団、ザッハトルテ、レッドブル、スワロフスキー、そして有名な作曲家モーツァルト、シューベルト、、ヨハン・シュトラウス、第2次世界大戦でその名を轟かせたヒトラーの出身国でもある。   現在のオーストリアは中欧の小さな匡であり、音楽を中心とした文化的な歴史を有し、美しく壮大な自然に溢れた国というイメージがほとんど。   ファッションという点からみると馴染みのなさそうなオーストリア。   しかし“ローデングリーン”という色の名称を耳にしたことはないだろうか。           この“ローデングリーン”の色こそオーストリアが発祥の地なのである。   元を辿ればオーストリア伝統のローデンコート、彼の地の貴族がハンティングに使ったコートでそのグリーンはいつの日か“ローデングリーン”と呼ばれるようになった。   その“ローデングリーン”の色合いはまるで欧州の深い森を連想させ、多くを語らずとも叙情的であり、静謐な雰囲気さえもたらしてくれる。         今季RJから発表された新型のローブコート。   “ローデングリーン”色の生地を落とし込み、男らしいワイドな衿、80年代を彷彿とさせるゆったりとしたシルエットと長めに設定された丈は精悍な雰囲気と同時に端正な佇まいを併せ持ち、この現代において改めて新鮮さを感じさせてくれる。   シルエットの流れはこの1、2年で大きく変化した。少し古臭いと感じていたものが格好良く感じ、自身も着用してみたくなるものである。歴史は繰り返されるとは言い得て妙でこんなシルエットバランスが“イマ”の気分だ。   最後にオーストリア出身の経営学者ドラッカーの言葉で締めくくりたい。         “まず何よりも、変化を脅威ではなく機会としてとらえなければならない。”                 From UMEDA

Staff recommended Coat Style – HAKATA -

  ITEM : COAT / RING JACKET ART : RJ017F81A MODEL : RJCO-11 PRICE : 120,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100 % SIZE :42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52 [RING JACKET MEISTER ONLINE STORE] [RAKUTEN ONLINE STORE]       英国サマセット州のなめらかなタッチと弾力のあるフランネルを使った、 バルカラーコートのご紹介です。 首の付け根から肩先に向かった鋭角なショルダーライン、 コンパクトなラグランスリーブにたっぷりとドレープの効いた Aラインシルエットが特徴です。 大柄のグレンチェックパターンの為、スーツはもちろん、 デニムなどのカジュアルとも抜群の相性であらゆるシーンに対応できる万能な一着です。     [...]

Staff recommended Coat Style – Ginza

  Ring Jacket Meister Ginza Store Manager Mr. Iwatani     いつも弊社ブログをご覧頂き、有難うございます。   来る冬に備え、コートの準備は万全でしょうか?   私のお勧めするコートスタイルをご紹介させて頂きます。   ITEM : COAT / RJ ART : RJ017F52X MODEL : RJCO-10 PRICE : 140,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100 % SIZE : 42 . 44 . 46 . 48 . 50         このコートは良い塩梅でドレスダウンしています。   着丈の長さや大き目のラペルなどは非常にドレッシーな雰囲気があります。   [...]

Staff Recommended Coat – MEISTER AOYAMA -

  Mr. Iwata / RINGJACKET MEISTER AOYAMA Staff       ITEM : COAT / RINGJACKET ART : RT017F16A MODEL : RC-70 COMPOSITION : Wool84%, Nylon16% SIZE : 44, 46, 48, 50, 52 PRICE : 220,000 YEN + tax           今シーズンの私共のコレクションテーマ ” BLACK & WHITE ” を象徴する1着をご紹介いたします。   少し色気のある白黒のブークレー生地を、 今シーズンよりデビュー致しました新型のコート”RC-70″に乗せたトレンド感満載の1着です。   [...]

Staff recommended Coat Style – Yodoyabashi

  RING JACKET MEISTER YODOYABASHI Mr.Hanna       ITEM : COAT / RING JACKET MEISTER 206 ART : RT017F12X MODEL : RC-69H-206 PRICE : 180,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100 % SIZE : 42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52         スコットランドの老舗MILLのTWEED生地を使ったスポーツコート。   もともとTWEED生地は、 狩猟用など森の中で溶け込むアースカラーが主流。   今回使用しているTWEED生地は、 現代のコンクリートジャングルに溶け込む人工色のグレー×ブラックのヘリンボーン柄を採用しております。 [...]

Staff recommended Black&white Style – ONLINE STORE

Mr.Kudo RING JACKET ONLINE STORE staff     こんにちは。リングヂャケットオンラインストアの工藤です。   いつも弊社のブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。   今季、RING JACKETが提案するテーマの一つ。   「BLACK&WHITE」   その中で私がオススメしたいアイテムはコートです。   朝晩と冷え込む日が続き、コートを着用している方を街中で少しずつ見かけるようになり   いよいよ本格的に冬を感じる季節になってきました。         私が着ているコートは英国の雰囲気漂うグレンチェック柄。   ゆとりのあるシルエットが特徴のラグランスリーブコートはスーツスタイルでも気張らず   リラックスしてご着用頂けるのが魅力の一着です。   是非、お試しください。   ITEM : COAT / RJ by RING JACKET ART : RJ017F81A MODEL : RJCO-11 PRICE : 120,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100 [...]