sucker balloon

       

navy balloon

sucker ballon

green balloon

balloon

balloon

COLUMN 『服の向こう側』 vol.33 / ancient madder print ②

エンシェント マダーの使い手ROBERT KEYTE社の担当者が英国よりやってきた。 都内の某ホテルで打合せをする。     部屋に案内され中に入ると、ベッドの上に生地サンプルが山のように積み上げられている。 実は、この光景は見慣れている。日本支社を持たない生地メーカーは、こうやってホテルの一室で商談をすることが良くあるのだ。高級ホテルのスイートルームでやることもあり、普段見れない世界を垣間見ることが出来る。     簡単な挨拶を済ませて、早速本題に入った。     『anciet madder(エンシェントマダー)とは?』     色々と話を聞いているうちに、ぼんやりとしていたマダープリントの全容が明らかになってきた。     「ancient=古代の」とある通り、イギリス古来のプリント方法の一つ。 また、「madder=茜(あかね)」の事で、茜をはじめとした天然の原料を使って染色する草木染めの一種である。     天然の染料を用いて染めるので、天然ならではのナチュラルな色合いがある一方で、鮮やかで発色の良いカラーが出にくい。(現代の多くのメーカーは、天然染料ではない薬剤を使って発色の綺麗さを追求している。昔のイギリス タイメーカーやイギリス生地メーカーが少し沈んだ深い色合が多かったのはこれによるところが大きいと推察される。)     また、染料だけではなく生地にプリントする方法も昔ながらのハンドスクリーンで刷っている。 今、世の中に出回っているタイ用プリント生地の殆どがインクジェットプリンターによるものだ。機械によるプリントは、ムラや失敗も少なく安定した品質となっている。(あまり本件と関係ない蘊蓄だが…、インクジェット機のヘッドはエプソン製が大きなシェアを占めている) しかし、インクジェットは、生地表面にインクを吹き付けるので生地の表層部分にしか色が浸透しない。ハンドスクリーンによるプリントは手で刷って染料を浸透させるので、より生地の深くまで浸透しやすい。マダープリントならではの「深い色合い」は、この辺りにも理由があるように思う。     また、『抜染プリント』という手法も同時に用いられる。 これは、ある指定した部分だけ(柄の部分)染まらないように糊をつけて下染め(無地染め)する。その後、糊を落とした柄部分(染まっていない白部分)に先程のハンドプリントを施すのだ。   ※通常のプリントは白い生地の表側だけ色柄をプリントするので裏側が白くなっている。 一方マダープリントは、抜染で生地全体を染める工程があるので裏側も色がついているのが特徴の一つ。(近年、これを真似て裏側だけインクジェットで色をつけて、柄をプリントする表側は白生地に仕上げた“マダー風”も存在する)             上記のように、時代錯誤とも言えるような手間のかかる作業を経て出来るのがマダープリントだ。皆やらなくなった理由が窺い知れる。     効率を考えると、最新のインクジェットプリンターに取って変わられたのも仕方ないのかもしれない。 しかし、だ。効率や安定だけが素晴らしい商品だとは限らない。非効率であっても、コストがかかっても、何者にも代えがたい魅力ある商品が世の中には存在する。     これまでも、効率や時代の流れによって無くなってしまった伝説の逸品があった。   エルメスのダッフルコート生地を作っていたことで有名なMOORBROOKの3重織りパイルヘリンボーン生地。カールフロイデンベルグのボックスカーフ。古いブルックスブラザーズのボタンダウンシャツ用の生地を作っていたダンリバーオックス。80年代以前のアイリッシュリネン。ヴィンテージのトニック。リーバイスのコーンミルズ社デニム…等々、現在ではもう手に入らない。     マダープリントは、これらに並ぶ伝説の銘品となるように思う。(勿論、途絶えることなく続いて欲しいと切望しているが…) [...]

irish linen belted jacket

balloon

               

COLUMN 『服の向こう側』 vol.32 / ancient madder print ①

『マダープリントとは?エンシェントマダーとは?』     昨今、英国ヴィンテージ調のプリントタイが人気だ。ファッション誌でも多く紹介されていて大きなトレンドとなっている。その中で、『マダー風の…』『マダー調のプリントが…』といった注釈や説明をよく見かける。 しかし、『マダーとは?』を正確に答えることが出来る人は案外少ない。     実は、数年前からこの『マダー風プリントタイ』と呼ばれるものを何度か目にしていた。PITTI(年2回フィレンツェで開催されるファッションの大型展示会)に出展しているネクタイメーカーが多く使っていたのだ。   そこで、 『これはマダープリントのタイなのか?』 と聞くと   『いや、正確にはマダーじゃあない。マダープリントはもう出来ない。あの雰囲気を再現したものだ。』     という回答が殆どであった。 ※殆ど…と言うのは、『マダープリント』を聞いても何の事か分からない人もいるのだ。     海外のとある人気ショップのバイヤーに聞いても 『マダープリントはもう出来ないって聞いたよ。今あるのは「マダー風」じゃあないかな?』 という回答だった。   『じゃあ、本当のマダープリントってどんな物なのか?』   、、、 今は出来なくなった?もしくは殆ど流通していない謎のタイ…という噂だけが一人歩きしていて正確な情報をもっている人に中々出会わない。 ネクタイメーカーに聞いても、昔ながらの手法でやっていたプリント方法で今は出来ないらしい…といったぼんやりとした答えだった。   色々手を尽くして調べていたが、噂話程度のものや先述のようなぼんやりとした情報にしか辿りつかなかった。そんな諦めかけていたときにふとした偶然で出会ったのが、英国の生地メーカーであるROBERT KEYTE社。おそらく現存するメーカーでは、世界で唯一エンシェントマダープリントをすることが出来る稀有な存在だ。       ある日、数年前に取引先の担当だった人が別の会社に移ったので挨拶にきていた。色々と商材を紹介してもらったが…、正直に言うといきなり取り扱うような商材は無かった。 だがふと、先輩に「出会いや縁というものを日頃から大事にしなさい。」とよく言われていたのを思い出したので『次回出張に行く際にはオフィスに寄らせてもらいますよ。』と言ってその日は別れた。   それから数週間後。出張先で商談をしていると次の打合せ先からアポイントを変更して欲しいと連絡が入った。すっぽりと時間が空いてしまったので、どうしようか思案していた際に先述の営業担当者の顔が浮かんだ。まぁ顔を見るだけでも、といった軽い気持ちでオフィスに向かったのだが…、この時の何気ない気持ちとちょっとした偶然が重なって新しい商品開発に繋がっていくとは夢にも思わなかった。 本当に『出会いや縁』は大事だ。   オフィスに着いて、また幾つか商材を見せてもらったが、前回同様に今すぐにどうこうするといった事はなく、少し世間話をして何となく帰ろうかと思っていると、 『僕はあんまり詳しく知らないんですが、別の部署で生地を扱っているので時間があったら少しみてもらえませんか?』と言われた。   生地は大好物である。時計に目をやると、次のアポイントまでまだ少し時間があった。 ジャンル違いの生地だと思っていても、時代が変わると使うようになった経験を何度か繰り返していたので余裕があれば選り好みせずみるようにしている。     奥から別の担当者が来て生地見本を机の上に並べていくのを眺めていると、 ある文字を見つけて驚愕した。       『Madder 』 [...]