CREATIVE DIV. [企画] -Blog- » [fabric guild] vol.0

[fabric guild] vol.0

 

これまで、意図的に生地について深く触れるのを避けてきた。

理由は二つある。

 

 

15年程前だろうか?多くのブランドやアパレル企業が生地メーカーのタグを袖口につけて販売することで購買に繋げようとしていた。ある一定の成果は出たものの…、意図とは違う認識をする人達が多くなってしまった。『この生地メーカーなら大体このプライス…。』といったように使っている生地メーカーによってプライスレンジのイメージがついてしまったのだ。

実際は、同じ生地メーカーであっても生地によってプライスレンジの幅も違うし、縫製仕様やデザイン…諸々によって製品のプライスは変わってくる。

そういった誤解や間違った認識を避ける為、RING JACKETでは基本的に袖口に生地メーカーのタグをつけて販売しない方針にしたのだ。

 

 

あともう一つの理由としては、生地についてマニアックなブログを書くと「生地オタク化」「服オタク化」するのが嫌だった。当ブログでも何度か触れたことがあるが、コラム『服の向こう側』などではファッション業界人でさえ知らない深い話を書いていることもある。実際に同業者から『いつも楽しみにしています。ファンで熟読していますっ!』と何度も言われたことがある。

そういった人達は私のことを『マニアックな知識を持っているかなり特殊な服飾偏愛家』と思っている人が多いが、実は全く違う。

服は、『見て、手に取って、着たときの感動が全て』と思っている。マニアックなディテールや知識はどうでも良いのだ。ただ、この仕事をやっている以上、追求するところは徹底的にやろうと思っているだけである。

 

 

なので、あまりマニアックなブログ内容で一部の人達だけに喜ばれるより『着ることの楽しさ』や『ワクワクドキドキする感じ』を多くの人達に伝えたいのが本音だ。そこで、ここ2~3年は『如何に格好良くて、ワクワクドキドキするか?』を伝える手段としてヴィジュアルイメージの作り込みや写真のクオリティアップに力を注いできた。

 

 

 

上記の理由により、生地について深く触れないようにしていたのだ。

だが、『RING JACKETは、モノ作りにこだわったブランドなので…、もっと「生地」や「作り」などの話をしていっても良いのでは?』『多くのブランドが乱立している現代においてRING JACKETならではの強みをもっと打ち出しても良いのでは?』、、、

という声が多くなってきた。

 

 

 

そこで、これまでのコラム『服の向こう側』が、服が店頭に並ぶまでのバックストーリーを中心に綴るのに対し

「生地」そのものにフォーカスした『fabric guild』というコラムを不定期で書いていくことにした。サラリとした内容のこともあれば、深く掘り下げることもあるかもしれない。気分次第ないい加減なコラムだがお付き合い頂ければと思う。

 

 

今季のディレクションテーマとも併せてこのビッググレンチェックのことを紹介したいと思うが、、、

長くなったので詳細は次回に。