COLUMN 『服の向こう側』 vol.38 / French styleと L pocket pants

            『L ポケット パンツはフレンチか?』 自分の中では随分昔から“何故かフレンチなアイテム”だ。       ここ最近、『フレンチトラッド』『フレンチアイビー』というキーワードを雑誌等でチラチラと見かけるようになってきた。 艶っぽいイタリアファッション一辺倒から、『英国調』のトレンドに移行してしばらく経つ…、じゃあその次は? という事で『フレンチ』に注目が集まっているのだろう。   実は、RING JACKETでは数シーズンおきにフレンチの匂いのする商品をこっそりと展開していた。メインの商材ではないが、ちょっとトレンドとは違った視点での商品があった方が面白いと思うからだ。 だが、声高に「フレンチスタイルです!」と声を上げるのは何だか気恥ずかしい感じがしてブログなどで特別発信はしていなかった。 それは、青春時代の写真を見返すような気恥しさや照れのような感覚だろうか?好きなんだけど好きと言うのがちょっと照れる、、、自分の中の『フレンチ』はそんな感じだった。                     20数年前にフランスにハマった。その前は、アメカジ、古着がベースにあったが、それからトラッド、パリやアントワープのデザイナー物、ドメスティックインディーズブランド、ヨーロッパのワークウェア…、と今振り返れば節操がなく何でもアリだった。 そんな何でもアリだった時代から一気にフレンチにハマっていく。ファッションだけでなく、フランスと付けば服だろうが雑貨だろうが本だろうが何でも盲目的に買っていたのだ。でも、知れば知る程『フレンチスタイル』の定義が曖昧でよくわからない。   当時働いていた職場の先輩にフレンチスタイルとは?を聞いた 『全てのことに答えを見つけようとするな。言葉にすると陳腐になる。考えるんじゃあない感じるんだ。』 と雲をつかむような話をされ全く分からない。     ポカンとしていると、先輩はニヤリとしてこう続けた、 『セントジェームスのバスクシャツやベレー帽、ウエストンのローファーだけがフレンチじゃあない。フランス製のものだけがフレンチじゃあないんだ。クラークスのデザートブーツ、ジョンスメドレーのハイゲージニット、コットンギャバジンのステンカラーコートもフレンチなんだ。分かるだろう?』 正直、まだ分からない。   仕方ないなという仕草をしながら、けだるそうに煙草に火をつけた。銘柄はゴロワーズだった。 独特の匂いが辺りに充満し始める。煙草をくゆらせながらゆっくりと話し出した。   ゴダール、トリュフォーのヌーベルヴァーグから始まり、「勝手にしやがれ」のジャン・ポール・ベルモンド、スタカン時代のポールウェラー、BCBG(べーセーべージェー)、セルジュ・ゲンズブール、ボリス・ヴィアン、サンジェルマン・デ・プレの人達、カフェ・ド・フロール、、、 色んな話を聞いて、何となく分かってきたような気がしたが、、、まだモヤがかかったような感じだった。今思えば、先輩もそんな感じだったのかもしれない。       仕方ないので、別の先輩にもフレンチとは?を聞く 『いいか、男の服っていうのは結局のところルーツを辿っていけばイギリスになる。それから、それを違うベクトルで自由と機能性、合理主義を追求して広げたアメリカだ。その二つだ。けど、それらは其々にスタイルやこう着るべきといったルールがあってそれに倣うのが普通。それをセンスよくミックスしながらスノッブに着るのがフレンチだ!』 ちょっと強引すぎるかな?とも思ったが、あまりにも自信満々で言われたからか?なんとなく合点がいく気もした。     [...]

RING JACKET Napoli / double face safari jacket

                      前回UPしたベージュ×エクリュのカラーリングもラグジュアリーで良いが、このネイビー×ブラウンも抜群のカラーだ。 濃紺ではなく少し淡いネイビー。濃過ぎず、薄すぎない、好きな色合いだ。   また、裏側のブラウンが少しだけ表にも出ていて何とも言えない絶妙な色合いになっている。         ITEM : JACKET / RING JACKET Napoli ART : 59058F02X MODEL : RJNJ-01 PRICE : 250,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100% SIZE : 44 . 46 . 48 . 50 【RING JACKET MEISTER ONLINE STORE】 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.37 / RING JACKET Napoli -double face safari jacket vol.2

ダブルフェイスの生地は、その名の通り二枚の生地を接結糸でとめて1枚の生地にしている生地のことを言う。二重織りや綾織でタテ糸とヨコ糸の出方が違って表裏の色が変わっている一枚の生地もダブルフェイスと最近では呼ぶが、先述のダブルフェイスとは根本的に違う。     接結糸でとめているダブルフェイス生地をジャケットにする場合は、裁断したパーツの端を数ミリだけ2枚の生地になるように剥いでから中に織り込む。それから端の処理を手でまつることによって出来上がる。 通常の生地の場合は、端の処理を三巻きにするか、別の生地を重ねて端の処理をするのでどうしても厚みが出てしまう。 ダブルフェイス生地を使った仕立ての利点は、こういった特性を活かして生地一枚で仕上げることが可能なので非常に柔らかく軽く仕上げることが出来る点だ。     しかし、通常の仕立てと縫製方法が違う為、ある程度上記のことを理解しながらデザインの指示をしないと上手くまとまらない。                     腰のポケットをインバーテッドプリーツ入り、そしてハンドウォーマーポケット(サイドからも手が入る仕様)にした。全部そのまま生地を重ねていくと、、、生地が何重にもなってモコモコになってしまう。元々2枚の生地を一枚に仕上げているので、単純に普通の生地の2倍厚みが出ることになってしまう。   そこで、 このパーツは生地を剥いで一枚にして、、、ここの部分は二枚のままで、、、 といった打合せに時間を要した。生地自体の厚みや伸縮性、縫いやすさ等々と沢山の要素があるので、デザインの指示だけでは満足のいく商品は出来上がってこない。                                 当初、背中にアクションプリーツを入れていたが、、、 ココも厚みが出過ぎるので無くすことに。                 カッターで生地を二枚に剥ぐ専用の機械。ダブルフェイス専門工場にある特殊な機械だ。       サイズの大きい小さいだけでなく、細かい仕様まで詰めていっている。RING [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.36 / RING JACKET Napoli -double face safari jacket vol.1

  ナポリをはじめとした南イタリアならではのハンドメイドの服が好きだ。 独特のアジ、何とも言えない雰囲気、着心地の良さ、昔ながらの手仕事、、、挙げていくとキリがないほど好きなところが沢山ある。   その一方で、納期遅れ、仕様間違い、ナポレターナならではの性格?、、、等々のトラブルが後を絶たない。多くの輸入代理店が『良いのは分かるけど…、リスクが大きすぎる。』として扱わないのもよくわかる。   しかし、だ。全て平均点の『悪くない商品』、、、より、『悪いところがいっぱいあるけど、それらを帳消しにしてしまうぐらいズバ抜けた個性がある商品』に心惹かれる。知人には、『おかしい』『理解出来ない』と良く言われるが、まぁ好きで好きで堪らないものは止めようがない。     そんな商品が先日入荷した。 正直、納期や仕様の件で何度も何度もやりとりしていて『もうこんな事は最後にしよう。』とまで思っていたのだが、、、 入荷した商品を見るとその思いは消えてしまった。     素晴らしいクオリティに感動したのだ。     ITEM : JACKET /  RING JACKET Napoli ART : 59058F01G MODEL : RJNJ-01 PRICE : 250,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100% SIZE : 44 . 46 . 48 . 50         ダブルフェイス仕立ての商品は、特殊な技術を要するので通常の工場で出来ない。ドレスクロージングのファクトリーブランドもダブルフェイスに関しては協力工場に依頼するのが一般的だ。 前回(2017年FW)はシチリア島のダブルフェイス工場まで行ってコートを作ったが、諸事情があり別の工場を探すことになった。情報を色々と集め白羽の矢がたったのはプーリア州レッチェのとある工場だった。   メゾンブランドの生産からナポリの重鎮メーカーの生産まで手掛ける凄腕工房だ。ナポリよりさらに南下することになる。一瞬、『遠いな。』と思ったが、すぐ訪問することに決めた。 [...]

『RING JACKET / fabric guild 』 vol.11 / Duca Visconti-wide wale corduroy

  今季のディレクションテーマの一つとして『wide wale corduroy』(太畝コーデュロイ)を挙げている。 少し前は、こういった太い畝のコーデュロイは野暮ったい印象で人気が無かったが、ここ数年ですっかりそういった印象も無くなった。 一般的には、パンツコールと呼ばれる15~16ウェル(※畝の単位で数字が大きくなるほど細い畝になる)前後のコーデュロイが主流だが、今なら10ウェル以下のコーデュロイが狙い目だ。もっと言うと、6~8ウェルくらいの太い畝がベストである(写真のジャケットは6ウェル)。     コーデュロイの太さ以外にも重要なのが整理加工の仕上げだ。 イギリス(ブリスベン・モスなど)や日本のコーデュロイ生地はマットな仕上がりで落ち着いた印象なのに対して、イタリアを代表するコットン系素材のファブリックメーカーDuca Visconti社のコーデュロイはイタリアならではの発色の良さと艶感のある仕上がりが特徴だ。   勿論、どういった狙いの商品にするか?なのでどちらが優れているという訳ではないが、、、 今回の商品は、太畝コーデュロイならではの野暮ったさを中和する意味もありDuca Viscontiのコーデュロイを使った。太畝ならではのアジのある表情ながら古臭さを感じさせないのは、viscontiならではの艶のある仕上げによるところが大きい。           しかし、このベルテッドジャケットが艶やかでありながらアジのある表情に仕上がっているのはそれだけではない。 この表情を出す為に敢えてルールを破った使い方をしているのが分かるだろうか?     展示会でもモノ作りに詳しいバイヤーが『アレ?これって、、、。』と気付いた人が数名いたが、まあ普通にしていれば殆ど気付く人はいないと思う。     実はコーデュロイには毛の向きがあって、生地表面を撫でたとき綺麗にねる『なで毛』、表面がザラっとして濃くなる方向の『逆毛』がある。逆毛(職人さんによっては略して『サカ』とだけ言う人も)にして裁断する方が毛並みが綺麗に見えて均一な製品(厳密には均一に見えやすい)になりやすいが、、、 今回のベルテッドジャケットは均一で綺麗に見えるより、多少ムラ感というかアジを優先したかったので「なで毛」で敢えて作っている。光の当たり具合によって見え方が変わって、悪く言えば色ムラがあるような見え方、良く言えば表情豊かな見え方になる。 製品洗いのジャケット程ラフになる訳ではなく、ちょっと生地表面の表情があって適度なカジュアル感が出るようにしているのだ。     『何となく雰囲気がある』『何か分からないけど格好良い』というフレーズをよく耳にするが、違うと思っている。 “何となく格好良いのではなく、意図と狙い、ディテールへの追及と創意工夫、そしてちょっとした偶然、、、が積み重なり格好良くなっている”のだ。     野暮ったさではなく、色気を纏ったコーデュロイジャケットが出来たと思う。                           ITEM : JACKET / RJ by RING [...]

military ox shirt

ファッションは意外性があると面白い。 皆が着ている服を着る安心感も分からなくはないが、「個性や自分らしさ」を考えたときに右に倣えの着こなしが本当に良いかどうか?考えてみるのも時には良いと思う。     デニムシャツがメンズクロージングの世界で定番となってどれくらい経っただろうか? 程良いヌケ感があり少しカジュアルに見せるのに役立つ。ジャケットスタイルにタイドアップで使っても良いし、チノパンにニットなどのカジュアルなスタイルにも使えるので汎用性も高く使いやすい。とても便利なシャツだ。   だが、先述の話と同様に皆が着ているからこそ、、、 違った着こなしにチャレンジしたくなるのが服好きの性だ。     『デニムシャツの次』として、こんなシャツを企画してみた。               両胸ポケット付のシャツ。 実は、USアーミーのシャツをモチーフにしながら幾つかのワークシャツのディテールを詰め込んでいる。   今、世界中で『ヴィンテージミックス』『ヴィンテージのミリタリーウェアをドレスクロージングのアイテムとミックスして着こなす』のが人気となっている。しかし、古着屋で本物のミリタリーウェアを探して着るのは少々難しい。古着のコンディションやサイズ…等々の問題もあるし、ある程度の年齢の大人がユーズド品を着るという事に抵抗がある人も多い。 じゃあ、そういった雰囲気・空気感を持ちながら上質なシャツを作れば面白いのでは?というところから本企画はスタートした。       衿型は、先述のUSミリタリーシャツをベースに少しアレンジしている。 またステッチはダブルステッチ。洗いをかけると程良いアタリが出て良い雰囲気になる。これも古いアメリカのシャツに良く見られるディテールの一つだ。 シルエットは、程良く身体にフィットするシルエットにしている。以前のようなスリムフィットではないが、古着シャツのようなダボダボのサイズ感でもない。今の気分をのせてた良いバランスのフィッティングとなっていると思う。   釦も猫目釦と言われるアジのある釦を使っている。通常のシャツ用釦は、穴が4個となっているのに対して2個となっており、その名の通り猫の目のような形状をしている。これもドレスシャツではあまり使わない形状で、どちらかと言うと古いワークウェアに使われることが多い。           とここまでミリタリー・ワークウェアのディテールを搭載したシャツ、、、 と紹介してきたが、縫製はワークシャツの工場ではなく、敢えてドレスシャツを縫う工場で縫っている。何が違うのか?と言われることが多いが、「全く違う。」と言い切れる。 袖付けを高級ドレスシャツでみられる『後付け』にしている。腕を動かしやすいように後から付けるのだ。一般的なカジュアルシャツは身頃と一緒に一気に縫ってしまう。この方が効率が良いのだ。 あと、脇裾のピース。カーブした台衿。身頃の前身と後ろ身のバランス。。。等々ここでは書ききれない数多くのディテールを備えている。 ※この辺りの話は、蘊蓄が長くなりすぎるので、また機会をみつけて紹介したいと思う。     それと、カジュアルシャツとは運針(ステッチの細かさ)が違うのが最も分かりやすいかもしれない。とはいえ言われなければ分からない人が殆どだと思う。しかし、良く比べてもらうと全く違う。 これによりラフ過ぎるカジュアルシャツではなく、ワークやミリタリーの要素がありながらどこか上品なシャツ。そう、テーラードジャケットに合わせることが出来るミリタリーシャツが出来上がるのだ。         素材も最高の生地を使っている。備後地区(広島県と岡山県に渡る地域でデニムやチノクロスの産地として有名)の生地屋で探してきた素材で、どちらかと言うと本気のミリタリーウェアを復刻しているメーカーが喜んで使っている素材だ。この生地屋が個人的にとても好きで、10人に満たない会社ながら世界中から有名デザイナーや企画者が生地を買いにやってきている。 世界的にみてもこういったワークウェアやミリタリーウェアの復刻生地は、この産地が断トツである。何度かイタリア人に見せたことがあるが、皆間違いなく驚愕する。 イタリアやイギリスの生地も好きだが、こういったmade in Japanならではの生地もとても気に入っている。 [...]

『RING JACKET / fabric guild 』 vol.10 / loden steiner -loden cloth brown

前回、『本物のローデンクロス』について書いた。 ローデングリーンと呼ばれる深いグリーンがローデンクロスの典型的なカラーの一つだが、もう一色人気のカラーがある。     このブラウンだ。           ローデンクロスは、オーストリアのチロル地方で織られた紡毛織物で、ハンティングをしているとき森林に馴染むカラーとして使われた深いグリーンがローデングリーンと呼ばれるようになったと言われている。 その説が正しいとするなら、森の木々をイメージさせる深いブラウンもまたローデンクロスならではのカラーなのかもしれない。       森の木々に馴染む深いブラウン しっかりと目の詰まった生地 独特のドレープ     ブラウンのローデンクロスを使ったコートも悪くない。                 ITEM : COAT / RJ by RING JACKET ART : RJ018F30F MODEL : RJCO-10F PRICE : 170,000- YEN +tax COMPOSITION : WOOL 100% SIZE : 44 . [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.35 / bespoke shoes『TETSUO MUNE』

淀屋橋店で『TETSUO MUNE』のビスポークイベントをするので、今回は靴のことを書いてみようと思う。     初めて会ったのは、15年以上前だっただろうか? 知人の紹介だったか?飲みに行ったらたまたま居合わせたのか?あまり詳しく覚えていない。ただ、誰とでもすぐ打ち解ける朗らかな性格とファッションが本気で好きな人だなと思ったのは覚えている。暫く会わない期間があったが、彼がジョンロブで働くようになってからたまに会って話すようになった。服屋から靴屋に変わりお互い歳をとったが、初めて会った時と全く変わらないのが彼の良いところの一つだと思う。     そんな彼から突然連絡がきて 『今の会社を辞めてビスポークシューズをやっていこうと思っています。まだ、一人でやっていて数量も出来ないので、、、ある程度作れるようになったら見てもらえませんか?』 と言われた。     スタイル提案やフィッターとしてのスキルは抜群だったが、モノ作りとなると少し話が違う。しかし、本当に好きで好きで堪らなくて突き詰めてやっていく人は、道は険しくてもいずれ大成する!というのが私の持論だ。色々と否定的な事を言う人もいたが、私は応援していた。     また、暫く会わない期間があり忘れかけていた頃 『靴をみてくれませんか?率直な意見を聞きたいんです。』   と連絡があった。この業界は浮き沈みが激しく、志半ばで辞めていった人間を何人も見てきたので素直に嬉しかった。それから何度か試作の靴を見せてもらっては、ここはこうした方が良いのでは?この木型は…、とやり取りを繰り返していた。     数か月経ったある日、連絡があった。 『某ビスポークメーカーに勤めていた職人さんが独立するので、自分の靴作りも手伝ってくれることになりそうなんです。それが出来たら、少量ずつですがお客様の受注生産が出来るようになるかもしれません!』 ※ビスポークシューメーカーは、一人では生産数が極めて限られるので数人の職人とチームを組んでやるのが一般的。 自分の事のように嬉しかったのを覚えている。まだリングヂャケットで取り扱うかどうか?の話も全く決まっていないときであったが、思わず自分のオーダーシューズをお願いした。     これまで靴のパターンオーダーをした事は何度かあったが、本格的なビスポークは初めてだった。 靴の企画案をイタリアのシューメーカーに持ち込んだり、デザインを考えた事も何度かあったけど、それらともまた違った魅力があってとても新鮮な経験だ。       1stフィッティング     細かく計測していく     < トライオンシューズ。スーツオーダーのゲージのような靴。 足を採寸した情報と、靴を履いた状態の情報との両方を使って精度を上げていく。         それから数か月後に仮縫いの靴が出来上がってきたので2ndフィッティングに行ってきた。         当たる箇所や、、、もっと攻めていく所と、、、 相談しながら決めていく。     [...]

1910′s long P-coat

        もう10年程前になるだろうか?知人の変態洋服バカ(←褒め言葉)に借りたヴィンテージの1910年代ロングP-coatをベースにウチらしいモディファイを加えて作ったコートは、クラシッククロージング好き&ヴィンテージ好きの両方から支持されロングヒットとなった。 それから毎シーズン少しずつアップデートしていったが、遂に完成形に達したかな?と思う出来栄えに。         ※原型となったヴィンテージのコート     袖タブ付きに。 腰のポケットもパッチ&フラップ型に修正。       ※ステッチもワークウェア用の粗々しいものではなく、運針も細かく繊細な印象に       イカリマークに星マーク付きのヴィンテージ釦も釦メーカーで復刻されてはいるが、、、 そこは敢えて本水牛釦にした。       ※アルスターコートやポロコートに見られるバックベルトとタックを採用。       素材は、敢えてメルトンではなくRING JACKETオリジナル素材のBalloon。 膨らみがあってナチュラルな伸縮性のあるバルーンウールをコート用に糸を撚り合わせて織り上げ、モッサー仕上げにしてふんわりと仕上げた。     ミリタリー由来のヴィンテージコートをルーツとするが、ヴィンテージそのままを復刻するのではなくRING JACKETらしいバランスで出来上がったと思う。     改めてジックリとみて… 良いコートだと思う。       ITEM : COAT / RJ by RING JACKET ART : RJ018F40X [...]

『RING JACKET / fabric guild 』 vol.9 / loden steiner -loden cloth

『ローデン風』『ローデンクロスのような』生地は多く見かけるが、、、 本物のローデンクロスは案外見かけない。     本来のローデンクロスから派生して、今では深い森をイメージさせるようなグリーンを『ローデングリーン』と呼ぶようになっている。 イタリアのメーカーでも『これはローデンだ!』『ローデングリーンで良いだろ!』と言うが、よく問い詰めてみると『ローデン風の生地』で実際はローデンクロスではなかったことが何度もある。           カシミアタッチの分かりやすく柔らかい生地が相変わらず人気だったが、ファッション感度の高い人達のあいだでは『次の格好良いモノ』に食指が伸びていた。 勿論、カシミアタッチの柔らかい素材を否定するわけではないが、違う一手を常に模索するのが癖になっている。     そんな時、とあるイタリア生地のエージョントと話していると、 『実はLODEN STEINERを扱うようになったんですよ。ご存知ですか?』 と言われた。   『勿論!ローデン風の生地に食傷気味だったのでちょうど探していたんですよ。見せて下さい!』 即答だった。   軽くて柔らかい生地のトレンドが続いていたので本物のローデンクロスのような重くてしっかりとした生地は人気が無かった。また、ミラノウニカなどの大きな生地展示会に出展していなかったのでメンズクロージングの世界であまり使われていなかったのだ。 しかし、昨今のクラシック回帰により英国生地などの打ち込みのしっかりとした生地の人気が少しずつだが出てきていた。     早速、生地資料を取り寄せた。 LODEN STEINER社自体は昔ながらのクラシックなローデンクロスも勿論作っているが、、、 実は、トレンドに合わせた柔らかい生地も作っている。意外にもレディース向けのシェアも多いようである。 しかし、欲しかったのは『昔ながらの本物のローデンクロス』だ。   数多いコレクションの中に『loden』と名付けられたものが3~4ある。これらが昔ながらのローデンクロスだ。 ローデンクロスは、オーストリアのチロル地方で作られるコート用の厚地紡毛織物で軍兵用のコートに多く使われた。粗く太い紡毛糸を用いて脱脂せず高密度で織り上げる。それを2.2m幅に織りあげた生地を縮絨して1.5m幅に仕上げるのだ。 ただでさえ高密度に織り上げた生地を更に何度も縮絨して高密度に仕上げることによって『本物のローデンクロス』が出来上がる。                     撥水性があり耐久性も素晴らしい。激しい環境での使用を想定した軍用コートの素材がルーツというのも頷ける。   ただ、固く高密度な素材というだけではなく、独特のバシッとした生地はシルエットをストンときれいに出す。 薄く柔らかい生地には出来ない芸当だ。     本物のローデンクロスだけが出せるシルエットと雰囲気がある。     [...]