『RING JACKET / fabric guild 』 vol.9 / loden steiner -loden cloth

『ローデン風』『ローデンクロスのような』生地は多く見かけるが、、、

本物のローデンクロスは案外見かけない。

 

 

本来のローデンクロスから派生して、今では深い森をイメージさせるようなグリーンを『ローデングリーン』と呼ぶようになっている。

イタリアのメーカーでも『これはローデンだ!』『ローデングリーンで良いだろ!』と言うが、よく問い詰めてみると『ローデン風の生地』で実際はローデンクロスではなかったことが何度もある。

 

 

 

 

 

カシミアタッチの分かりやすく柔らかい生地が相変わらず人気だったが、ファッション感度の高い人達のあいだでは『次の格好良いモノ』に食指が伸びていた。

勿論、カシミアタッチの柔らかい素材を否定するわけではないが、違う一手を常に模索するのが癖になっている。

 

 

そんな時、とあるイタリア生地のエージョントと話していると、

『実はLODEN STEINERを扱うようになったんですよ。ご存知ですか?』

と言われた。

 

『勿論!ローデン風の生地に食傷気味だったのでちょうど探していたんですよ。見せて下さい!』

即答だった。

 

軽くて柔らかい生地のトレンドが続いていたので本物のローデンクロスのような重くてしっかりとした生地は人気が無かった。また、ミラノウニカなどの大きな生地展示会に出展していなかったのでメンズクロージングの世界であまり使われていなかったのだ。

しかし、昨今のクラシック回帰により英国生地などの打ち込みのしっかりとした生地の人気が少しずつだが出てきていた。

 

 

早速、生地資料を取り寄せた。

LODEN STEINER社自体は昔ながらのクラシックなローデンクロスも勿論作っているが、、、

実は、トレンドに合わせた柔らかい生地も作っている。意外にもレディース向けのシェアも多いようである。

しかし、欲しかったのは『昔ながらの本物のローデンクロス』だ。

 

数多いコレクションの中に『loden』と名付けられたものが3~4ある。これらが昔ながらのローデンクロスだ。

ローデンクロスは、オーストリアのチロル地方で作られるコート用の厚地紡毛織物で軍兵用のコートに多く使われた。粗く太い紡毛糸を用いて脱脂せず高密度で織り上げる。それを2.2m幅に織りあげた生地を縮絨して1.5m幅に仕上げるのだ。

ただでさえ高密度に織り上げた生地を更に何度も縮絨して高密度に仕上げることによって『本物のローデンクロス』が出来上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撥水性があり耐久性も素晴らしい。激しい環境での使用を想定した軍用コートの素材がルーツというのも頷ける。

 

ただ、固く高密度な素材というだけではなく、独特のバシッとした生地はシルエットをストンときれいに出す。

薄く柔らかい生地には出来ない芸当だ。

 

 

本物のローデンクロスだけが出せるシルエットと雰囲気がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITEM : COAT / RJ by RING JACKET

ART : RJ018F03E

MODEL : RJCO-13

PRICE : 140,000- YEN +tax

COMPOSITION :  WOOL 100%

SIZE :   42 .  44 . 46 . 48 . 50 . 52 . 54

 

●上記商品取扱一覧

【国内】

・神奈川 京急百貨店 KEIKYU GENTLE MEASURE

・静岡 view Brewmels

・大阪 髙島屋大阪店5階 メンズビジネス

・大阪 阪急阪神百貨店3rd STYLE

・岡山 BROOK

【Overseas】

・Hong Kong Lane Crawford