『RING JACKET / fabric guild 』 vol.11 / Duca Visconti-wide wale corduroy

 

今季のディレクションテーマの一つとして『wide wale corduroy』(太畝コーデュロイ)を挙げている。

少し前は、こういった太い畝のコーデュロイは野暮ったい印象で人気が無かったが、ここ数年ですっかりそういった印象も無くなった。

一般的には、パンツコールと呼ばれる15~16ウェル(※畝の単位で数字が大きくなるほど細い畝になる)前後のコーデュロイが主流だが、今なら10ウェル以下のコーデュロイが狙い目だ。もっと言うと、6~8ウェルくらいの太い畝がベストである(写真のジャケットは6ウェル)。

 

 

コーデュロイの太さ以外にも重要なのが整理加工の仕上げだ。

イギリス(ブリスベン・モスなど)や日本のコーデュロイ生地はマットな仕上がりで落ち着いた印象なのに対して、イタリアを代表するコットン系素材のファブリックメーカーDuca Visconti社のコーデュロイはイタリアならではの発色の良さと艶感のある仕上がりが特徴だ。

 

勿論、どういった狙いの商品にするか?なのでどちらが優れているという訳ではないが、、、

今回の商品は、太畝コーデュロイならではの野暮ったさを中和する意味もありDuca Viscontiのコーデュロイを使った。太畝ならではのアジのある表情ながら古臭さを感じさせないのは、viscontiならではの艶のある仕上げによるところが大きい。

 

 

 

 

 

しかし、このベルテッドジャケットが艶やかでありながらアジのある表情に仕上がっているのはそれだけではない。

この表情を出す為に敢えてルールを破った使い方をしているのが分かるだろうか?

 

 

展示会でもモノ作りに詳しいバイヤーが『アレ?これって、、、。』と気付いた人が数名いたが、まあ普通にしていれば殆ど気付く人はいないと思う。

 

 

実はコーデュロイには毛の向きがあって、生地表面を撫でたとき綺麗にねる『なで毛』、表面がザラっとして濃くなる方向の『逆毛』がある。逆毛(職人さんによっては略して『サカ』とだけ言う人も)にして裁断する方が毛並みが綺麗に見えて均一な製品(厳密には均一に見えやすい)になりやすいが、、、

今回のベルテッドジャケットは均一で綺麗に見えるより、多少ムラ感というかアジを優先したかったので「なで毛」で敢えて作っている。光の当たり具合によって見え方が変わって、悪く言えば色ムラがあるような見え方、良く言えば表情豊かな見え方になる。

製品洗いのジャケット程ラフになる訳ではなく、ちょっと生地表面の表情があって適度なカジュアル感が出るようにしているのだ。

 

 

『何となく雰囲気がある』『何か分からないけど格好良い』というフレーズをよく耳にするが、違うと思っている。

“何となく格好良いのではなく、意図と狙い、ディテールへの追及と創意工夫、そしてちょっとした偶然、、、が積み重なり格好良くなっている”のだ。

 

 

野暮ったさではなく、色気を纏ったコーデュロイジャケットが出来たと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITEM : JACKET / RJ by RING JACKET

ART : RJ058F01F

MODEL : RJJK-07

PRICE : 69,000- YEN +tax

COMPOSITION : COTTON 100%

SIZE :  S . M . L . XL

 

●上記商品取扱店舗

【国内】

KURIYA HOUSE

・大阪 京阪百貨店 Traditional Standard

 

【Overseas】

・KOREA  RANDOM WALK

 

 

 

 

 

 

ITEM : JACKET / RJ by RING JACKET

ART : RJ058F01G

MODEL : RJJK-07

PRICE : 69,000- YEN +tax

COMPOSITION : COTTON 100%

SIZE :  S . M . L . XL  . XXL

 

●上記商品取扱店舗

【国内】

・大阪 京阪百貨店 Traditional Standard

 

【Overseas】

・KOREA  RANDOM WALK

・Hong Kong Lane Crawford