COLUMN 『服の向こう側』 vol.48 / French styleと L pocket pants ②

今、雑誌だけでなくインターネット上のブログやSNSで様々な情報が溢れている。

昔は、情報のソースと発信元がある程度限られていたので必然的にトレンドが一つのところに集まりやすかった。しかし、現代では情報発信が容易になった分、情報は分散化し局地的な流行は産まれるが大きなトレンドは産まれにくい環境になっている。

 

しかし、何故か幾つかのマーケットで同時多発的に出てきていて気になるキーワードがある。『フレンチ』『フレンチアイビー』だ。僕が久々にそんな気分だなぁと思っていたのもあるが、それにしてもなんだか多いような気がする。商品を仕込んで店頭に並ぶまで半年~1年程かかるが、同じ期間に同じ気分でモノ作りやバイイングをしていた人達がいたのだなと久々に新鮮な気分だ。情報が分散化しやすい現代において、意外なシンクロニシティを感じている。

 

 

半年程前に『 French styleと L pocket pants 』という題でLポケットパンツの紹介をさせてもらった。

⇒詳しくは前回のブログ

 

その第二弾が届いた。

素材はコットン×リネン。少し濃い目のベージュで何とも言えない良いカラーだ。意外とありそうでない絶妙なカラーだと思う。

前回の言い回しを踏襲するなら 『今回もまた、絶妙にフレンチなベージュ』 だ。

 

ベージュのコットンパンツはメンズウェアの定番だが、一般的に売れ筋なのは、アイボリー寄りの白っぽいベージュである。茶色よりのベージュや黄味がかったベージュは、少し通受けするカラーといったイメージが強い。でも、だからこそ良い。RING JACKET Napoli企画は、メンズファッション誌の入門編how toページを読む人達に向けてというよりは、ファッションが好きで好きで堪らない、安価なそれなりの服よりコダワリの詰まった内容の濃い服を求めている人達に満足してもらえるような商品群を目指している。
アヴァンギャルドで悪目立ちする服ではないが、群衆に埋没するような服でもない。変わっただけの服や目立つだけの服は簡単だ。さりげないけど存在感がある。そんな絶妙なポジションを常に狙っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年秋冬にやりだしたときは、スタッフからも『だいぶ、スキマ狙いの渋い商品ですね…。』『マニアックすぎません?』と言われたが、数か月後には、『何だか良い雰囲気に感じてきました。』『ジワジワと気になってきて買ってしまいました!』と言われた。

 

 

意外なシンクロニシティを感じるとは言え、大きなトレンドになるとは思わない。しかし、それで良い。

服が好きで好きで堪らない人達の間で盛り上がれば充分だ。

 

 

 

ITEM : PANTS / RING JACKET Napoli

ART : 59079S02G

MODEL : RJNP-03

PRICE : 60,000- YEN +tax

COMPOSITION :  COTTON 60% , LINEN 40%

SIZE :  42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52

【RING JACKET MEISTER ONLINE STORE】