COLUMN 『服の向こう側』 vol.50 / 一万着売れた生地『calm twist』②

「サヴィルロウ番手」使いの生地を超える

太番手のタテヨコ双糸使いの生地は、評価が高かったが、、、イタリア生地のような薄く柔らかい生地に人気が移行してきており再考する時期に差し掛かっていた。

 

多くのイタリア生地がしているように細い糸を使ってヨコ糸を単糸にすれば単純に軽くなる。しかし、それだとイタリア物の廉価版にしかならない。

何かオリジナリティが必要だった。made in Japanのスーツ生地は昔から一部の人達には評価されていたが、「いま一つ華がない」「やっぱりインポートの方が良い」という声が大勢を占めていた。

 

クオリティは悪くない。

関税や輸送コストなどがのってくる輸入生地よりコストパフォーマンスに優れている。

 

と良いところが多いにも関わらず今一つ評価されない理由の一つにオリジナリティ・企画力が足らないと感じていた。(勿論、素晴らしい企画力をもった生地メーカーもあるのだが一般論として)

 

多くのアパレルが、売れているインポート生地のコピーを国内の生地メーカーで安価に作り変える、、、という事を繰り返していたのも原因の一つだと思う。参考にしたり、研究するのは悪いことではない。むしろ、絵画・音楽・食・アート、、、あらゆる分野で過去の名品や王道を研究し、分解、再構築して新しいモノが産まれている。クリエイティブと言われる仕事は多くあるが、まったく何も無いところからは産まれない。偉大な先人の知恵や経験があるからこそ現代の新しいモノが産まれるのだ。

 

しかし、研究やオリジナリティを追求するのではなく

安易にコピーして、安く作るために

・原料を安価なものに

・仕上げの整理加工も工程数を省いて

などのようにして、「それなりにトレンド風に見えるが全然別物の生地」が大量生産されていったのが国産スーツ生地のイメージに繋がっていった。

 

 

オリジナルでイタリア風の薄くて柔らかい生地を作るのは簡単だったが、それを安易にしたくなかったのはそういった経緯を多く見てきたからである。

そこで、何度も生地メーカーと打合せを繰り返しているうちに幾つかのアイデアが出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

太番手の糸だけを使うのではなく、少し細い糸と太い糸を交互に打ち込んでみることにした。

「サヴィルロウのテーラー達が好んで使う仕立て映えのする生地」というコンセプトを崩さないように無理のない軽量化を図ったのだ。

勿論、太い糸、細い糸の両方とも2本の糸を撚り合わせた双糸使いである。

 

 

 

 

 

■言葉だけでは分かり難いので簡単なイラストを描いてみた。

※通常の糸使い。同じ太さの糸が均等に並ぶ。

 

 

 

 

太い糸、細い糸を交互に。

 

 

 

 

 

ピンヘッドのような

凹凸感が出て生地に表情が出てきた。

 

 

 

 

 

番手違いの糸を使うことで生地に表情が出たが、触った質感も少し変化をつけたかったので、さらに改良を加えた。

「糸」には撚りの方向があるのをご存知だろうか?一般的に単糸はZ撚り(左撚り)で紡績され、双糸にする際にS撚り(右撚り)にする。単糸(Z/左)×単糸(Z/左)=双糸(S/右)にすることで撚り戻しになり、糸が馴染んでしなやかなタッチになると共に安定するのだ。

 

それとは違って、いわゆる強撚糸にする場合は単糸(Z/左)×単糸(Z/左)=双糸(Z/左)にしてZ撚りの双糸に仕上げる。撚り方向の同じ糸を同方向に撚りながら糸にしていくことで撚り増しになりシャリ味のある糸に仕上がるのだ。

※他にも色々なやり方があるのだが、どこでも知ることが出来る蘊蓄を語るのは当コラムの趣旨ではない。興味のある人は検索エンジンで調べてもらえればと思う。

 

 

太い糸と細い糸を交互に打ち込みながら、

撚糸の向きも左右違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地表面の表情があり、独特のタッチがあって、シワになり難く、仕立て映えがする。

ヴィンテージの英国生地のようでありながら、それらと比べると軽い仕上がり。

色柄は、イタリア~イギリスの生地を多く扱ってきた経験値を活かして両方の良いところをミックスした雰囲気に企画した。

 

 

とてもユニークで今までにない生地が出来た。

『calm twist』と名付けられたこの生地が、その後10年以上続くベストセラー商品になるとは、この時は思いもしなかった。

 

 

 

 

 

さらに数年後、ポリウレタンなどの合繊を入れずに伸度を出すナチュラルストレッチ加工を施してアップデートをしている。ここ数シーズン、イタリアの生地メーカーがどこもかしこも「ナチュラルストレッチ」を打ち出しているが、calm twistはかなり早くから実践していた。

 

 

以前、某雑誌でイタリア帰りの著名テーラーやモデリスト、バイヤー達が集まり「どのスーツが本当に良いか?」を品定めする企画があった。ブランド名が分からないようにタグにテープを張って目隠しをし、公証人まで立ち会わせて”やらせ”がないように厳正に審査された。

結果は、「生地、仕立て共に素晴らしい」としてRING JACKETのスーツが1位となった。自信はあったが、高評価に胸を撫でおろしたのをよく覚えている。その時のスーツ生地がこのcalm twistだったのはRING JACKETスタッフでも案外知らない人間も多いと思う。

 

 

 

 

1シーズンに何着作って、、、

何年程継続してやっているので、、、

と計算してみると、累計で1万着程やってきたことになる。改めて数値化すると驚愕の数だ。

RING JACKETの製品は、こだわりが強いため大量生産に向かない。一気にこの数字になった訳ではない。良い物を少しずつ作り続けて評価されてきた。

 

 

長く売れ続けているものには理由がある。

 

 

是非、店頭で

見て

触って

着てみて欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TEM : SUIT / RING JACKET MEISTER

ART : RT029S79B

MODEL : no.184AH / s-172H

PRICE : 130,000- YEN +tax

COMPOSITION :  WOOL 100%

SIZE :  42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52 . 54

[RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]

[RAKUTEN ONLINE STORE]

 

 

 

 

 

ITEM : SUIT/ RING JACKET

ART : RT029S03E

MODEL : no.269E / S-172

PRICE : 100,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 100%

SIZE : 44 . 46 . 48 . 50 . 52 . 54

 

上記商品取扱店舗

【国内】

 WILD LIFE TAILOR

 

【Overseas】

・KOREA   The Galleria G.STREET 494 HOMME

 

 

 

 

 

 

ITEM : SUIT/ RING JACKET

ART : RT029S04X

MODEL : no.269E / S-172

PRICE : 100,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 100%

SIZE :   42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52

 

上記商品取扱店舗

【国内】

・東京 銀座三越5F GINZA クローゼット TEL大代表03-3562-1111

・静岡  atour

 

 

 

 

 

 

TEM : SUIT / RING JACKET MEISTER

ART : RT029S78F

MODEL : no.184AH / s-172H

PRICE : 130,000- YEN +tax

COMPOSITION :  WOOL 100%

SIZE :  42 . 44 . 46 . 48 . 50 . 52 . 54

[RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]

[RAKUTEN ONLINE STORE]