COLUMN 『服の向こう側』 vol.50 / 一万着売れた生地『calm twist』②

「サヴィルロウ番手」使いの生地を超える 太番手のタテヨコ双糸使いの生地は、評価が高かったが、、、イタリア生地のような薄く柔らかい生地に人気が移行してきており再考する時期に差し掛かっていた。   多くのイタリア生地がしているように細い糸を使ってヨコ糸を単糸にすれば単純に軽くなる。しかし、それだとイタリア物の廉価版にしかならない。 何かオリジナリティが必要だった。made in Japanのスーツ生地は昔から一部の人達には評価されていたが、「いま一つ華がない」「やっぱりインポートの方が良い」という声が大勢を占めていた。   クオリティは悪くない。 関税や輸送コストなどがのってくる輸入生地よりコストパフォーマンスに優れている。   と良いところが多いにも関わらず今一つ評価されない理由の一つにオリジナリティ・企画力が足らないと感じていた。(勿論、素晴らしい企画力をもった生地メーカーもあるのだが一般論として)   多くのアパレルが、売れているインポート生地のコピーを国内の生地メーカーで安価に作り変える、、、という事を繰り返していたのも原因の一つだと思う。参考にしたり、研究するのは悪いことではない。むしろ、絵画・音楽・食・アート、、、あらゆる分野で過去の名品や王道を研究し、分解、再構築して新しいモノが産まれている。クリエイティブと言われる仕事は多くあるが、まったく何も無いところからは産まれない。偉大な先人の知恵や経験があるからこそ現代の新しいモノが産まれるのだ。   しかし、研究やオリジナリティを追求するのではなく 安易にコピーして、安く作るために ・原料を安価なものに ・仕上げの整理加工も工程数を省いて などのようにして、「それなりにトレンド風に見えるが全然別物の生地」が大量生産されていったのが国産スーツ生地のイメージに繋がっていった。     オリジナルでイタリア風の薄くて柔らかい生地を作るのは簡単だったが、それを安易にしたくなかったのはそういった経緯を多く見てきたからである。 そこで、何度も生地メーカーと打合せを繰り返しているうちに幾つかのアイデアが出てきた。                 太番手の糸だけを使うのではなく、少し細い糸と太い糸を交互に打ち込んでみることにした。 「サヴィルロウのテーラー達が好んで使う仕立て映えのする生地」というコンセプトを崩さないように無理のない軽量化を図ったのだ。 勿論、太い糸、細い糸の両方とも2本の糸を撚り合わせた双糸使いである。           ■言葉だけでは分かり難いので簡単なイラストを描いてみた。 ※通常の糸使い。同じ太さの糸が均等に並ぶ。         太い糸、細い糸を交互に。           ピンヘッドのような 凹凸感が出て生地に表情が出てきた。   [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.49 / 一万着売れた生地『calm twist』①

「サヴィルロウ番手」という言葉を聞いたことがあるだろうか?     52番手双糸のことで、タテ糸ヨコ糸ともにこの糸を用いた生地は、しっかりとしていて仕立て映えする生地として英国サヴィルロウのテーラー達が好んで使うことからこう呼ばれた。 「番手」の数字が大きくなるほど細い糸になる。因みによくみかけるsuper〇〇〇’s といった表記は繊維の細さを表す表記であって糸番手とは違う。業界人であっても混同している人が多いが、、、 ※この辺りの蘊蓄はグーグルなどの検索エンジンで調べたらいくらでも出てくるのでそちらに任せたい。 当コラムの趣旨は、ありきたりな蘊蓄寄せ集めブログではなく、検索エンジンでは出てこない『服の向こう側』を届けるのが目的である。     一般的に人気のあるイタリア生地は、タテ糸に60~72番手辺りの双糸を使っているケースが多い。更に、ヨコ糸を単糸にして薄く柔らかく仕上げる。 薄く柔らかく、着てすぐ馴染む感じが人気だが、、、 昔ながらの服好きはタテヨコ双糸使いのしっかりとした生地を好む傾向が強い。胸の膨らみ、ドレープ、袖の捻じれ、全体の仕立て映え、着込んで体に馴染む長年着用出来る質感などなどを考えると英国生地に多いタテヨコ双糸使いに行き着く。   そこで、『サヴィルロウで最も人気のある生地を超えるモノをmade in japanで作ろう!』と企画した。 10年以上前のことだが、思い出すととても懐かしい。   昨今、『世界で注目を集めるmade in Japanクオリティ』に早くから着目し、生地・縫製ともに日本製にすることで自社のストロングポイントを強化していった! と言いたいところだが、実は為替によるところも大きかった。 当時は、コレクションの9割がイタリア・イギリスの輸入生地で構成されており、為替の影響により生地値が大きく変動した。そこで、比較的影響の出にくい国産生地(国産生地であっても原毛は輸入するので全く影響がないという訳ではない)を導入してプライス・デリバリーを安定できるようにしていったのだ。   当初は、インポート至上主義(盲目的に輸入物を良しとする人達)がまだまだ多いのでは?と不安もあったが、、、思いのほかスムーズに受け入れられていった。そこで、どうせやるなら様々なインポート生地を扱ってきた経験値を活かしてこれまでにない生地をオリジナルで作ろう!と動き出したのだ。     最初に手掛けたのが、先述の 『サヴィルロウ番手を超える生地』だ。        ※初期のmade in Japna オリジナル生地。     サヴィルロウ番手よりしっかりとして生地安定性の増す太い糸を探し、その糸をタテヨコ双糸使いにして織り上げた。織機も大量生産用の高速織機ではなく、ションヘルと呼ばれる旧式織機でゆっくりと織り上げる。生地の色柄もイギリスとイタリアの両方をミックスさせた雰囲気を目指した。 試行錯誤した結果、しっかりとして仕立て映えのする良い生地が出来た。 テーラーなどで3~4mずつカットして販売するサヴィルロウ番手使いのバンチブックの生地と比べると、数百m単位で作り込むオリジナル生地は、それらに負けないクオリティ(むしろ勝っている?)でいながらプライスはグッと抑えることが出来るのも大きな特徴だ。     仕立て映えしながらもコストパフォーマンス抜群。売れないわけがなかった。 しかし、時代の流れはイタリアの薄く軽い生地になってきており、太番手のタテヨコ双糸使いの生地は重く好き嫌いが出てきているのも事実だった。     次の一手を考える時期に差し掛かってきていたのだ。     長くなったので続きは次回に。     RING [...]

サックスではないブルーシャツ

何気ないようで、実は洒落ている。 普通だけど存在感がある。   そんなシャツが気になる。   言われなければスタッフでも気がつかないかもしれないが、、、 今回新作として入荷している少し濃い目のブルーシャツがそんな存在だ。   ドレスクロージングに於けるブルーシャツというのは、明るいサックスブルーが殆どのシェアを占めているだろう。 シャツを作る際にシャツ生地メーカーのスワッチを沢山見るが、実はブルー無地の濃淡カラーバリエーションはとても多い。しかし、殆どの場合一番明るいものか二番目に明るいサックスブルーが使われる。 「濃いブルーのシャツは使い難い」と通説のように言われている。確かに明るいサックスブルーシャツが持つ汎用性と比べるとコーディネートし難いのかもしれない。 だけど、、、 だからこそ、ビタッと決まったときには 『何気無いけど洒落ている』雰囲気を作ることが出来る。     ありそうでない、素敵なカラーだ。 是非、店頭で見てもらいたい。                         ITEM : SHIRT / RING JACKET Napoli ART : 59109S09D MODEL : MILANO PRICE : 36,000- YEN +tax COMPOSITION :  COTTON 100% SIZE : 37 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.48 / French styleと L pocket pants ②

今、雑誌だけでなくインターネット上のブログやSNSで様々な情報が溢れている。 昔は、情報のソースと発信元がある程度限られていたので必然的にトレンドが一つのところに集まりやすかった。しかし、現代では情報発信が容易になった分、情報は分散化し局地的な流行は産まれるが大きなトレンドは産まれにくい環境になっている。   しかし、何故か幾つかのマーケットで同時多発的に出てきていて気になるキーワードがある。『フレンチ』『フレンチアイビー』だ。僕が久々にそんな気分だなぁと思っていたのもあるが、それにしてもなんだか多いような気がする。商品を仕込んで店頭に並ぶまで半年~1年程かかるが、同じ期間に同じ気分でモノ作りやバイイングをしていた人達がいたのだなと久々に新鮮な気分だ。情報が分散化しやすい現代において、意外なシンクロニシティを感じている。     半年程前に『 French styleと L pocket pants 』という題でLポケットパンツの紹介をさせてもらった。 ⇒詳しくは前回のブログ   その第二弾が届いた。 素材はコットン×リネン。少し濃い目のベージュで何とも言えない良いカラーだ。意外とありそうでない絶妙なカラーだと思う。 前回の言い回しを踏襲するなら 『今回もまた、絶妙にフレンチなベージュ』 だ。   ベージュのコットンパンツはメンズウェアの定番だが、一般的に売れ筋なのは、アイボリー寄りの白っぽいベージュである。茶色よりのベージュや黄味がかったベージュは、少し通受けするカラーといったイメージが強い。でも、だからこそ良い。RING JACKET Napoli企画は、メンズファッション誌の入門編how toページを読む人達に向けてというよりは、ファッションが好きで好きで堪らない、安価なそれなりの服よりコダワリの詰まった内容の濃い服を求めている人達に満足してもらえるような商品群を目指している。 アヴァンギャルドで悪目立ちする服ではないが、群衆に埋没するような服でもない。変わっただけの服や目立つだけの服は簡単だ。さりげないけど存在感がある。そんな絶妙なポジションを常に狙っている。                                 2018年秋冬にやりだしたときは、スタッフからも『だいぶ、スキマ狙いの渋い商品ですね…。』『マニアックすぎません?』と言われたが、数か月後には、『何だか良い雰囲気に感じてきました。』『ジワジワと気になってきて買ってしまいました!』と言われた。     意外なシンクロニシティを感じるとは言え、大きなトレンドになるとは思わない。しかし、それで良い。 服が好きで好きで堪らない人達の間で盛り上がれば充分だ。       ITEM : PANTS / RING JACKET Napoli ART : [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.47 /  フレンチな香り漂うアメリカンB.D.

何度か挙げている通り、今季のディレクションテーマの一つに『amercan flavor mix』がある。   「american」というのは勿論大事だが、「mix」というのが実は大きなポイントだ。あくまで、懐古主義の「まんまアメリカン」ではなく、良い意味で亜流というか色々と混ざってる感じが面白いと思う。 商品開発全般に言えることだが、この『ミックス感』というのを大事にしている。ルーツやヴィンテージ、ヘリテージといったものに敬意を払いながらも『今、コレをやるなら…、こういった表現が良いのでは?』と考えながらアップデートしてやるのが良い。懐かしさと新しさが共存している変な感じ?を大切にしている。   あと、「アメリカ」と銘打っているものの自分の中では「フレンチ」な要素も多分にある。 フレンチアイビーを語るときに外せないのがボタンダウンシャツだ。しかし、ボタンダウンシャツと言えばアメリカ。フレンチだけどアメリカ?と不思議な感じがするけど、、、 日本人がアメリカントラッドやアメリカのカルチャー全般(アメカジも含む)にヤラれたように、フランス人もアメリカにヤラれたときがあったようだ。フランス人の視点から見たアメリカ(ボタンダウンシャツなど)は、ド直球のアメリカとは違った解釈をもって着こなしに取り込むことができ新鮮に映った。ボタンダウンに限らず所謂アメリカンで実用性重視のヘビーデューティー・スポーティなアイテムが、洗練されたヨーロッパのアイテムと組み合わせることで不思議な化学反応を起こしたのだ。 この化学反応は、マルセル・ラサンス、エミスフェールらによって深化し、日本のセレクトショップが目を付け、現在の多種多様なファッションのルーツの一つとなった。     そんな、“アメリカ”だけど“フランスの匂い”がするボタンダウンシャツを作りたくて出来たのが今回のシャツ。     左)タテヨコ双糸使いのしっかりとしたオックス生地。 安価なボタンダウン・オックス生地は多くの場合、ヨコ単糸使いでヘナっとしたオックス生地が多い。柔らかく馴染みが良い…という表現をされる場合もあるが、自分の中では「ヘナっとして物足りない」感じがする。やはり双糸使いで打ち込みがしっかりとした生地が好きだ。 特に白のオックス生地にはそれを求めたい。 タテヨコ双糸使いであってもドレス用の100双以上のロイヤルオックスになるとしなやか過ぎる。意外に思われるかもしれないが、丁度良い塩梅のオックス生地は案外少ないのだ。     右)今の気分とフレンチアイビー的な気分にピッタリのタータンチェック。 毎回、沢山の生地を見て吟味するが、みた瞬間『コレだ!』と思った柄。とても気に入っている。                     スプリットヨーク、ループ、釦、センターボックスプリーツ、、       衿、カフス、前立て、とダブルステッチの仕様にしている。 これも古いアメリカンシャツの定番的なディテールの一つ     台衿も低めで、衿の開きも狭い。 下画像にある所謂イタリアンB.D.と比べると全く雰囲気が違うのが分かって頂けるかと思う。           ナポリのハンドメイドシャツ工房で作ったので、袖山は雨降り仕様で柔らかなギャザーが入っているのが良い雰囲気だ。     フレンチな気分で、アメリカの古いシャツのディテールを取り入れ、ナポリで作られたボタンダウンシャツ。 アメリカのシャツメーカーが見たら「違う!」と言うかもしれない。フランス人が見たら「???」と思うかもしれない。よくあるイタリアの色気漂うシャツでもない。 でも、そんな無国籍でミックス感のあるボタンダウンシャツが今格好良いと思う。 [...]

amrican flavor なシャツ

    何度かここで書いている通り、今期の打ち出しテーマに『ameican flavor mix』がある。     こんなチェック柄が気分だ。     勿論、american flavorなディテールを備えたシャツである。詳しくはまた次回に。              

COLUMN 『服の向こう側』 vol.46 /  柔らかく丸い衿

  今回、2019年春夏スタイルの撮影をFIRENZEで行った。 その際、コーディネートの主軸の一つとして使ったのが、今回のラウンドカラーシャツである。           数年前にもラウンドカラーのシャツが流行ったことがあったが、その時は衿が小さくワイド気味のものが多かった。タイドアップも勿論出来るが、洗いざらしでカジュアルに着ても洒落てる、、、というイタリア的解釈のラウンドカラーであったと思う。     それと比べると今回のラウンドカラーは衿先も少し長く、開き具合も狭くレギュラーカラーに近い雰囲気。英国の伝統的なシャツを彷彿させるクラシックな衿型である。 シャツメーカーなら多くの衿型を持っていて当然この辺りのデザインも持っている、、、と思いきや案外もっていないケースが多い。特にイタリアのシャツファクトリーでは、イタリア的ラウンドカラーはあるが英国的なデザインは無いケースがあるのだ。   無いなら作ろう!と製作にかかった。   何でもかんでも別注で作るのが良いとは思わない。「欲しいものが無い。なら作る。」のがオリジナルの本来のあるべき姿だと思う。「別注の為の別注?」「別注してますと言いたいが為の別注」が多く氾濫しているように思うのは私だけだろうか?                 毎度のことながら打合せは難航。 1時間程で終わる予定の打合せが、気が付けば3~4時間経っていたというのはザラである。『ナポリは難しい』と日本人の同業者だけでなくイタリア人までも口を揃えて言うが、本当にその通りだと思う。しかし、『ナポリにしか出せない雰囲気がある』のも事実だ。   上がってきたサンプルを見て苦笑いしながら連絡することは一度や二度ではない。(仕様間違いや指示通りになっていない…等々。)         ※何故かセカンドサンプルでOKだったところが、サードサンプルで間違って上がってくる。一つ改善されると、一つ間違う? いたちごっこのような打合せが数回続く。 並べてみると分かりやすい。衿の開き具合が違うだけで全く違うシャツになる。       今回も計4回サンプルを上げてもらって何とか商品化にこぎつけた。衿のデザインだけでなく、ステッチ幅、芯地、台衿フロント下のクリ、、、等々言われなければ分からないけど、実はコダワリが詰まったモディファイをしている。     英国のシャツメーカーは芯地が硬くカッチリした印象になるが、このシャツは適度な柔らかさの芯地を使いながら接着芯で固めないフラシ仕上げにこだわった。クラシックなデザインだけど独特の柔らかい雰囲気に仕上がっている。 縫いやすく綺麗に仕上がりやすい(クレームになり難い)との理由で生地を接着芯で固めて衿やカフスを作るイタリア・シャツメーカーも多いが、やはり接着芯で作られた衿は堅い印象で独特の柔らかさが表現できない。接着芯を使っていても高級シャツと認知されているブランドもあり、好みの問題でもあるが、、、RING JACKETのスーツは接着芯ではなく、手間暇がかかるが生地本来の風合いや柔らさを大事にする毛芯仕立てだ。どちらが相性の良いシャツかは言うまでもないだろう。   クラシックな佇まいだけど、ナポリならではのアジと柔らかさがあるシャツに仕上がった。手前味噌ながら良いシャツだと思う。                 [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.45 / paisley print tie  

「ヴィンテージ調のプリントタイ」の人気がここ数年続いている。 レトロなようで新しい…、というのが出だした頃のイメージだったが、しばらく続いたので新しさというより定番的なものになってきた感がある。   そこで、少し変化が欲しいなと思っていた際にナポリの工房で見つけたのが、ペイズリーにプリントをしたタイだった。 通常のネクタイはツイルやマットなどの組織が大きく目立たない無地の白生地にプリントする。今回のは、ジャカード織機でペイズリーの白生地を織り、その上から色柄をプリントする手法だ。 工房のマエストロによると、70年代後半~80年代に流行った手法の一つだそう。     その手法を用いて、モチーフはもっと古い資料から選んだ。カラーリングも色々とアレンジしたので時代感が分からない不思議な雰囲気のタイが出来上がった。 古き良き時代のサンローラン、ピエールカルダン、レノマ的な雰囲気もあるが、クラシックな雰囲気もある。時代、エリア、ブランド、、、特定できない感じが良い。             日本人は、『~であらねば』『正しい着方とは』 といったHow to 本やルールが好きだ。雑誌などでも、「こういった靴にはこのスーツ、、、」「このシャツにはこのネクタイが正解!」なんて記事をよく見かける。古くはアイビーブームのときから、ルールに縛られる安心感に浸ってきた歴史があるので仕方無いのかもしれない。 案外、洋服屋の方がこういったルールを気にし過ぎて自由にファッションを楽しめないこともある。     基本は確かに大事だが、全てルール通りの着こなしは失敗はしないぶん没個性的になる恐れがある。勿論、派手派手しいのが良いと言っているわけでは無い。 『基本ルールは分かっているけど、、、たまにはそんなの無視した着こなしも悪くないな。』 そんな気分のときにピッタリなタイだ。     いつの時代でも、ファッションは縛られるものではなく楽しむものだと思う。               [RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]                 [RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.44 /  餅は餅屋?

『餅は餅屋』と言われるように『パンツはパンツ屋』『シャツはシャツ屋』といった専業ブランドが日本人は好きだ。シャツの中でもドレスシャツ専門、カジュアル専門のシャツ屋というようにより専業化したものが好まれる傾向にある。多角的に展開するより一つの事に特化している専業ブランドの方が信頼感があるというのが大方の意見だろう。   意外に思うかもしれないが、ヨーロッパでは案外そうでもない。専業ブランドと言っていても、その実は多角的に展開している会社の一部門であったり、自社工場を持たず外注生産で廻しているところも多い。商品企画も社外の企画会社に委託しているケースまでもある。 所謂「トータルブランド」と「専業ブランド」の差は? 実は思い込みやイメージで判断していることも多いのではないだろうか?   勿論、皆がイメージする専業ブランドもある。しかし、上記のように様々なケースがあるのが実情だ。 海外に出張に行って話していると、そんな事にこだわるより、そのブランドの世界観やコーディネートをセットで提案する方が理に適っているという人達が案外多い。     結局のところ、 ブランドの肩書 (専業ブランドであるということも含めた) で判断するのではなくて商品そのものが『良いかどうか?』が重要だと思う。     気付いている人もいるかも知れないが、ここ最近の投稿をあえて『ネクタイ』を中心にやっていた。ただ、ネクタイメーカーの用意したものをセレクトしてブランドタグをつけかえているのではなく、様々な手法を用いて「ワクワクドキドキする商品開発」をやっている。正直、ネクタイメーカーでもしないような事までしていると思う。 ネクタイだけでなく、シャツ、パンツ、アウター、勿論ジャケットも同様だ。     最終的に「専業ブランド神話」を信じるかどうかは個々人の好みによるが、そんな神話を覆すような商品を作り続けたいと思う。     さて、 前置きが長くなった。     今回は特に好き嫌いがハッキリでるデザインだが、『american flavor mix』な今季の気分にピッタリの1本だ。               american trad shirt の定番の一つとしてマドラス柄がある。元々はインドの手織り生地で柔らかく鮮やかな多色使いのチェック柄が特徴だ。 それをパッチワークにした生地でシャツやシャツジャケットを作るのも定番として知られている。 アメリカンな気分にピッタリではあるが、面積の多いシャツやジャケットでパッチワーク柄はかなり目立つし難易度が高い。     そこで、パッチワーク風の柄をデザインしてネクタイに仕上げた。 程良いカジュアル感を出す為に、シルク100%ではなくリネン58%・シルク42%の生地にプリントしたのもポイントだ。     以前も書いたが、全身アメトラではなく あくまでamerican flavorをミックスするのが気分である。           [...]

COLUMN 『服の向こう側』 vol.43 /  Mr.Slowboy × RING JACKET vol.2

2018年 秋冬シーズンに好評だった『Mr.Slowboy × RING JACKET』pocket square 企画の第二弾が届いた。 ⇒詳しくは前回のコチラ             2019年 春夏のディレクションテーマ『JAM COLOR(ジャム カラー)』を伝えたところ、、、 ジャムを彷彿させる綺麗なカラーを取り入れるのは勿論だけど、『ジャム』から発想を広げてRING PEOPLEがロンドンの公園でピクニックをするのはどうだろう? というアイデアが出てきた。   良いね!面白い!!!     という事で出来上がったラフスケッチがこちら 何だか楽しそうな雰囲気だ。                 今回もポップなイラストながら胸元にさすとすんなり馴染む素敵な商品が出来た。 是非手に取ってもらいたい。                   ITEM : POCKET SQUARE / RING JACKET ART : 59269S01 PRICE : 12,000- [...]