shooting time

      少し前に2019春夏のblog/catalog用撮影に行ってきた。 いつものスタッフに加えてグランフロント店スタッフ里村も同行。スタッフが増えると色々と段取りがしやすくなり助かる。 プロのカメラマンに依頼する場合もあるが、自社で撮影チームを組んで撮影する回数が増えてきた。プロフェッショナルなチームで仕事するのは勿論刺激的で良いが、社内撮影チームならではの一体感というかグルーブ感のある撮影も嫌いではない。   コスト的なこともあるが、やりたい事や表現したい事をダイレクトに出来るのがメリットの一つだ。機械や技術の進歩により、10年前では考えられなかったことが出来るようになっていると思う。 以前は、こういった撮影はプロに頼むしか方法がなかったが、色々と出来るようになってきており時代の流れを感じる。『エっ?!全部プロに頼んでるんじゃあないの?』と驚かれることが最近多く、一人ほくそ笑んでいる。勿論、プロに頼んでいる写真もあるのだが、自社撮影分と混ぜて使っているので分からないことも多いようだ。狙い通りである。     今回の撮影分は、追ってアップしていきたいと思う。                   新しいことや楽しいことにどんどん挑戦していきたい。 RING JACKETの提案や世界観を表現するのも一つだが、また別のベクトルで新しいコンテンツを企画している。 お楽しみに。                    

2018FW my favorite shooting 7

                                                        We hope you will have a great year !

2018FW my favorite shooting 6

                                                       

2018FW my favorite shooting 5

                                                                                       

2018FW my favorite shooting 4

                     

2018FW my favorite shooting 3

                                                                     

2018FW my favorite shooting 2

                                               

2018FW my favorite shooting 1

                                                 

shooting

    スタジオで服を綺麗に撮影するのも良いが、ロケならではのヌケ感のある雰囲気も悪くない。    

2018 fall & winter shooting – 3

  今回の撮影地は、 ジブリ映画『天空の城ラピュタ』のイメージソースになった場所ではないか? と噂されている場所だ。     真偽の程は分からないが、噂されるのも頷ける雰囲気。                   島の奥に進んでいくと、砲弾倉庫が残っている。 暗くひんやりとしていて一気に体感温度が下がる。                                         スタジオでビジュアルイメージを作り込むのも悪くないが、こういったロケならではの空気感はやはり良い。 ここでしか出せない雰囲気がある。     テーラードジャケットを軸としたドレスクロージングブランドは、『縫製』『生地』といったモノ作りの蘊蓄にスポットが当たりがちだ。提案する側もそこに力を注いでいるのもまた事実である。   だが、ファッションに於ける本当の価値はそれだけではないと思う。 ドレスクロージングだからこそ、『世界観』や『提案するイメージ』、 もっと言えば『COOL!』、『イケてる』、『何かカッコイイ』、といったことが大事。       モノ作りは勿論だが、今後RING JACKETのクリエイティブにも注目してもらえれば幸いだ。