COLUMN 『服の向こう側』 vol.40 /  como × napoli tie

 

先日、とあるスタッフと話していて「RING JACKET Napoliタイの独特の色柄のファンのお客様がいます!」と話してくれた。

 

世のトレンドに沿った皆が「良いね」というタイは世の中に数えきれない程ある。特に日本は、世界的にみても過剰と言えるほどモノが溢れている特殊なエリアだ。勿論、RING JACKET Napoliタイもある程度トレンドを意識したコレクションを組んでいるが、一部全く無視したものを敢えて数マーク作るようにしてきた。

あっと言う間に売れるものもあれば、そうでもないものもある。売れるにこしたことは無いが、、、マーケティング主導型すぎる商品開発は、同質化しジワジワと魅力を失っていく。トレンドも大事だが、モノに携わる人間が『本当に格好良い!』『ワクワクドキドキする!』ことの方が遥かに大事だと思う。そういった商品は必ずお客様の琴線に触れるからだ。

 

 

そんな訳で、常に何か楽しいことが出来ないか?今までとは違った角度から商品開発出来ないか?と考えるのが好きで堪らない。

新商品開発には、新しい生地サプライヤー開拓も重要なファクターである。そこで、7月にナポリ~ミラノと廻るついでにシルク生地の産地コモに向かった。

 

 

 

綺麗な湖。青い空。白い雲。

ヨーロッパ有数の避暑地でもあるコモは、ゆったりとした時間が流れている。素晴らしい生地は、やはりこういった環境で産まれるのだなぁと素直に思える景観だ。

何度かコモに訪れているが、いつも朝から夜遅くまで打合せに明け暮れているのでゆっくりしたことがないのがとても残念である。いつか休暇でゆっくりと来てみたい。

 

 

 

 

 

 

新しい生地メーカーに行って全然駄目なときと、心躍るときとがある。今回は嬉しいことに後者だった。

 

 

今までの生地メーカーでは無かった色出しも良かったが、少し凝ったテクニックを使った試作サンプルに目がとまった。

 

 

 

 

 

 

両面プリントを施した上にサンドウォッシュ加工をして薄っすらと白みがかった独特の表情になっている。触ったときのタッチも抜群だ。

 

興味津々に聞くと、

 

『まだ試作段階なんだ。ダブルプリント自体は以前からあったけどコストが高くなるし、、、サンドウォッシュ加工もしてるので更に高くなる。面白そうだからやってみたけど現実的に難しいかな?』

 

『いや、コレは良い!是非やりたい。』

 

『でも、もう一つ問題があるんだ。どんな色柄でも出来るというわけじゃあない。反対側に色が影響するかもしれないから其々の面の色を丁度良いカラーリングにしないと成立しない生地なんだ。この試作は上手くいったから、これズバリなら良いよ。勿論、コスト高いのが良かったらね(笑)』

 

 

という返答だった。

 

勿論、多少高くてもやるつもりだったが、問題はそこじゃあない。

ヒネクレものと言われればそれまでだが、ここに置いてあるサンプルズバリをやれば簡単に出来るかもしれない。しかし、だ。今日帰った後に他のデザイナーが来たら同じようにするかも知れない。この色柄も決して悪くない。むしろ、良いと思う。

しばらく葛藤したが、自分の中の奥にある考えに従った。

 

『このダブルプリント・ストーンウォッシュの手法を使って、別のこの柄で、、、表面は、この配色にして、裏面はこの配色で、、、』

と打合せを始めた。

 

あぁまたやってしまったなと自分でも思ったが、気分は晴々としていた。

 

 

そうして試作を繰り返して出来上がったのが今回のタイである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片面をブルー系の変形ペイズリー、反対面をカーキ系に仕上げた。

※この反対バージョンも作っている。

 

 

只でさえ高い生地なので、普通に仕上げるべきだったかもしれないが、ここまで来たら思いっきりやってしまおうと思い立ちセッテピエゲ(7つ折り裏無し)の仕様にした。ラ・ベラ・セッテピエゲというナポリ最古参のタイメーカーに伝わる伝統的な7つ折りの仕様だ。

 

ネクタイ一つに時間・コスト・情熱?をかけ過ぎだ!もっと効率を考えて仕事をしないといけない…、と同業者に言われたが、まあこんなやり方が好きなのは変わらないし変えたくない。

良いネクタイが出来たと思う。

 

是非、手に取ってみてもらいたい。

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S97

PRICE : 32,000- YEN +tax

COMPOSITION : SILK 100%

[RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]

 

COLUMN 『服の向こう側』 vol.39 / napoli と fox brothers

 

 

昨年の7月、milano unicaという生地の大型展示会に行ってきた。どうせミラノまで行くのであれば、ナポリも廻ってRING JACKET Napoli企画の打合せをすることにした。

 

ナポリのネクタイ工房でヴィンテージのアーカイブ資料をベースに色柄を作り込んでいく。ネクタイのマエストロの意見を聞きながら作りこんでいくこの作業も段々とスムーズになってきた。最初のころは、ナポリ服飾業界の昔話や『ネクタイとは…』といった禅問答のような話を聞くだけで2時間くらい経って中々仕事が進まなかったが、信頼関係が出来てきたのか?自分のペースで仕事が出来るようになってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく工房にこもってアーカイブ資料を漁っていると、ふと不自然なものが目についた。

ヘヴィフランネル素材を使ったタイだ。

 

 

 

 

実は、スーツやジャケットのメーカーでもそうだが、どこの生地メーカーのものでも仕入れられるという訳ではない。各社で取引のある生地メーカーがあって、それがブランドの個性や打ち出しの違いに結びついている。

またネクタイメーカーであればネクタイ用のシルク生地メーカーと取引はあるが、スーツやジャケットに使われるウール生地のメーカーとは取引がないのが一般的だ。カチョッポリやドラッパーズなどのカットレングス対応のバンチからカットしてタイを作る場合もあるが、薄く柔らかいイタリア生地が殆どでこんなしっかりとしたフランネルは見たことがなかった。

 

 

マエストロに恐る恐る聞いてみると、

 

『あぁ、これはFox Brothersの生地を使っているんだ。Foxのダグラスさんと縁があってFox Brothersのイベント用に作っている。内緒だぞ。』

との返答。

 

『ダグラスさんは良く知っている!じゃあ、Foxの生地を仕入れてネクタイに出来るってこと?』

 

『う~ん、これは特別な依頼でやっているからなぁ。勝手にOKとは言えない。ダグラスさんに直接聞いてもらった方が良いかな。』

 

『分かった。ちょうど来週に生地展示会で会う約束をしているからそこで聞いてみる!』

 

となった。

 

 

 

 

 

 

 

翌週、ワクワクしながらミラノの生地展示会に向かった。

Fox Brothersのブースでダグラスさんに会うと、早速今回の企画意図を説明した。

 

『ナポリのあの工房で見たんだけど、、、ネクタイ用に生地を買える?』

 

『おぉ~、それは良いアイデアだ。是非やろう!日本のRING JACKETが、イギリスのFox Brothersの生地を使って、イタリアの工房でネクタイにするなんて面白い!』

 

 

と快諾してもらった。

多分大丈夫だろうと思ってはいたが、正直OKが出るまではドキドキしていた。
思いがけない出会い、ふとした思い付きやアイデア、そしてそれらをまとめて形にする実行力、一緒に取り組み出来る取引先や仲間達。様々な要素が重なることによって「ワクワクする商品」が出来上がる。これまでそんな場面に何度も立ち会ってきたが、今回もそんな気運がする。
春夏用のネクタイを作りたかったので、ミラノウニカの会場にダグラスさんが持ってきていた生地からセレクトした。クラシックなクラブストライプジャケット用の生地をモダンにアレンジしたワイドピッチのストライプ柄を中心にセレクト。

 

 

 

 

※Fox brothersのミラノウニカでの展示スペース 打出しイメージ
ダグラスさんも
『ナイスチョイス!この生地がネクタイになるなんて思いもしなかった。とても楽しみだ!』
と言ってもらった。お互い満面の笑みがこぼれる。
そうして出来上がったのが今回のスペシャルタイだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S66 (green×navy)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 51% , LINEN 49%

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S68 (brown×orange)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 51% , LINEN 49%

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S70 (navy glen check)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 100%

 

 
[RING JACKET MEISTER ONLINE STORE]
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S65 (beige×white)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 51% , LINEN 49%

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S67 (gray×white)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 51% , LINEN 49%

 

 

ITEM : TIE / RING JACKET Napoli

ART : 59119S69 (white)

PRICE : 24,000- YEN +tax

COMPOSITION : WOOL 100%

 

 

 

 

 

 

「FOXといえばフランネル!」と冬のイメージを持っている人が多いかもしれないが、実はここ数年で大きく変わっている。

『春夏のFOX』は、実は隠れた銘品を多く出しており、一部の人達のあいだではかなりの人気だ。FOXの生地自体は昔からとても良いものであったが、コレクションはほぼ毎回変わらなくて、、、ちょっと乱暴な言い方をすると『一部の服オタク向け服地メーカー』となってしまっていた。それがダグラスさんが入ってからシーズン毎に新しい生地コレクションを作ったり、自身が広告塔となって世界中を飛び回っていることにより大きくイメージが変わったのだ。

勿論、FOXのフランネルは素晴らしい。しかし、春夏のFOXもまた独特のアジがあるのだ。

 

 

服好き集団RING JACKET のスタッフ達が競って購入しているのを見て、ほっと一安心すると共に間違ってなかったと改めて確信した。

是非、店頭で見て手に取ってもらいたい。

 

 

From RING JACKET creative div. Okuno

 

 

 

amerian mix

 

しばらく続いた『英国調』のトレンド。

まだしばらくこの流れは継続するが、少し変化を入れたいのも正直なところ。

 

 

今季は、そこに『american flavor』をミックスするのが気分。

久しぶりにこんなマドラスチェックのジャケットも良い。

 

 

 

 

 

 

中川木工芸

 

 

 

 

 

made in Japan のRING JACKETが注目する日本の匠。
 
伝統と技術も勿論大事だけど、それだけではなく新しい事に挑戦する姿勢とその根底にある思想が堪らなく好きだ。実は数年前から縁があったけど「伝統工芸、匠の技」というとやや重いイメージがあって少し距離をとっていた。
けど、実際に会って話して実物を見ると考えが全く変わった。
 
本当に良いモノとは?
その良いモノを知ってもらう為にはどうするべきか?
を真摯に向き合ってやっている。
 
今、世の中には便利な物やそれなりに良い物は溢れているが、感動するものは案外少ない。
 
手触り。手に持った時の質感。木の香り。美しいフォルム。
是非手にとってみてもらいたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中川木工芸 × 佐藤喜代松 TRUNK SHOW
 
 
700年の伝統を受け継ぐ桶職人 と 京漆界の巨匠 のコラボレーションにより創りだされる工芸品のトランクショー開催
 
◾️中川木工芸
およそ700年の歴史をもつ木桶技法を継承する、京都を代表する木工メーカー中川木工芸。
人間国宝を父にもつ中川周士氏は、伝統的な木桶の製作技法を用いながらモダンでデザイン性に富んだ革新的な商品を
開発。ドンペリニオンの公式シャンパンクーラーをはじめとして、日本国内のみならず海外からも高い評価を受ける。
 
◾️佐藤喜代松
京都の老舗漆メーカー佐藤喜代松商店。漆材料の精製を自社で行う中で独自の研究開発をすすめ、ドイツ自動車メーカーのBMW社などとのコラボレーションを多数行う。伝統的な漆器にととまらず、これまで漆加工が難しいとされていたスケールの大きなものまで、高い技術力により『漆』を世界へと広げる。
 
RING JACKET MEISTER 206 淀屋橋店
2/1(金)-2/7(木)
RING JACKET MEISTER 206 青山店
2/13(水)-2/19(火)
 
納期:約4ヶ月
 
価格:木曽桧シャンパンクーラー
¥78,000-(税抜)/京漆塗¥135,000-(税抜)
 
高野槇ピッチャー
¥33,000-(税抜)/京漆塗¥ 60,000-(税抜)
 
桧カップ
¥23,000-(税抜)/京漆塗¥ 46,000-(税抜)
 
など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shooting time

 

 

 

少し前に2019春夏のblog/catalog用撮影に行ってきた。

いつものスタッフに加えてグランフロント店スタッフ里村も同行。スタッフが増えると色々と段取りがしやすくなり助かる。

プロのカメラマンに依頼する場合もあるが、自社で撮影チームを組んで撮影する回数が増えてきた。プロフェッショナルなチームで仕事するのは勿論刺激的で良いが、社内撮影チームならではの一体感というかグルーブ感のある撮影も嫌いではない。

 

コスト的なこともあるが、やりたい事や表現したい事をダイレクトに出来るのがメリットの一つだ。機械や技術の進歩により、10年前では考えられなかったことが出来るようになっていると思う。

以前は、こういった撮影はプロに頼むしか方法がなかったが、色々と出来るようになってきており時代の流れを感じる。『エっ?!全部プロに頼んでるんじゃあないの?』と驚かれることが最近多く、一人ほくそ笑んでいる。勿論、プロに頼んでいる写真もあるのだが、自社撮影分と混ぜて使っているので分からないことも多いようだ。狙い通りである。

 

 

今回の撮影分は、追ってアップしていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいことや楽しいことにどんどん挑戦していきたい。

RING JACKETの提案や世界観を表現するのも一つだが、また別のベクトルで新しいコンテンツを企画している。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018FW my favorite shooting 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

We hope you will have a great year !

2018FW my favorite shooting 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018FW my favorite shooting 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018FW my favorite shooting 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018FW my favorite shooting 3