注文服のような着心地の既製服 vol.3

毎度blogをご覧いただき、ありがとうございます!

前回まではパンツのお直しについて一通りご紹介しましたので、

今回はジャケットの袖出しのお直しについてです。

それではご覧ください!

 

スーツやジャケットを試着したときに袖の長さが足りないってことはないでしょうか??

袖が短いままでの着用はお勧めはできません。

とはいえ、ワンサイズ上のジャケットを着用し、袖の長さをごまかしても、

肩幅、身幅などサイズが合わない個所がたくさんでてきますし、

サイズが大きいとだらしない印象を相手に与えてしまいます。

 

袖の長さを諦めて短いまま着用している方もいらっしゃるかと思いますが、

お直しにより袖の長さを可能な限り調整することができます。

 

他社製品では袖先の折り返しの縫い代を多く取っているところは少なく、

出せない場合がございますが、

弊社の製品では約2cmほど出せるようになっています。

(一部製品によっては出せないこともございますので事前にご確認下さいませ)

 

 

糸をほどき、縫込まれている袖口の余り生地を出して長くしていきます。

サイズ調整というのは非常に大切で見た目の印象をアップさせてくれるほか、

ビジネス面でも上司やお客様にも良い印象につながります。

 

  • facebook
  • twitter

  • tumbler
  • Instagram

  • 公式楽天ショップ