RING JACKET MEISTER MODEL Vol,3

RING JACKET MEISTER MODELの魅力についてご紹介しております。

 

前回は 釦ホールについてご紹介しました。

*クリックしていただきますと前回の釦ホールについてのブログがご覧いただけます。

 

今回は裏仕様の台場仕立てについてご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

普段、自分自身以外のジャケットの見返しの内ポケット部分を目にする機会は非常に少ないと思います。

さらに、見えない部分なのであまり気にされていない方も多いのではないでしょうか。

 

前回のブログでお伝えしました

「神は細部に宿る」という言葉があるように、

細部にまで気を配ることによってそのものの本質が決まると言われています。

 

 

 

 

 

RING JACKET MEISTER 仕様の台場仕立て

 

 

 

 

 

RING JACKET REGULAR 仕様の台場仕立て

 

 

マイスター仕様とレギュラー仕様を見比べて頂くと一目瞭然

非常に手が込んだ作りは、画像からもお分かりいただけるかと思います。

 

ビスポーク本来の裏地の付け方は、仕上がりの最終工程で付けることが多いですが、

マイスターに関しては、よりハンドメイド感ある雰囲気に近づけるために、

後かぶせ風に仕上げております。

 

 

「見えない部分までこだわる」

これも、紳士服の愉しみ方の一つではないでしょうか?